フェアウエイバンカーを克服する!

【広告】

アマチュアゴルファーの悩み!。
バンカーショットがうまく打てないことです。
プロとアマチュアの一番大きな差が出るのが、バンカーショットでしょう。
今日は、フェアウエイバンカーから、どうやったらうまく打てるのか勉強しましょう。

フェアウエイバンカーを克服する!

フェアウエイバンカーも、あごの高い物低いものがありますよね。
まずは飛ばすことよりもあごを100%クリアして、脱出することを優先してクラブ選択をしましょう。
プロとは違うので、フェアウエイバンカーから200yのショットを成功させようとは思わないでください。
通常のレギュラーティーからなら、パー4でグリーンまで150y前後の距離が残るでしょう。
グリーンに届かせようと無理をするので、力んでしまう。
上げようとするので、ダフってしまうのでしょう。

フェアウエイバンカーのショットは、フルショットはいりません。
ガードバンカーと違うので、エクスプロージョンのショットはいりません。
フェイスを開く必要もありません。
ティーアップしたボールを直接打つイメージで、コントロールショットをしましょう。
下半身は絶対に動かさないように、インパクトのイメージをしたら、そこに戻してくるだけで良いのです。
飛距離は落ちるので、あごをクリアできる範囲内で、1~2番手を大きくしましょう。

「グリーンを狙って、またバンカー」なんてことにならないようにしましょう。
得意の距離を残すとか、バンカー手前に刻むとかのマネジメントが必要です。
50~100yも飛べば、大成功です。
残りの距離もSWかAWのフルショットの距離で、打ちやすくなるのです。

関連記事

【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る