【納得】ショートパットを外さない秘訣!

【広告】

パット練習のマットだと、パコパコ入るのに本番のグリーンでは、2mがなかなか入らないんですよね。
これが外さずに入れられるようにならないと、70台は難しいですよね。
2m前後のパットを外すと「もったいない」と言われてしまいます。
これだけで、70台の人と80台前半の人の実力差になってしまうのです。

【納得】ショートパットを外さない秘訣!

ようらいさん、どんどんレベルが上がってきてますね。
ドローの引っ掛けが多かった、よーらいさんが、フェードを打てるようになってきました。

上手く寄せたアプローチやバンカーショット。
これを決めたらカッコいい。
こういう場面て、入れごろ外しごろの距離が残るんですよね。

外したら、ナイスショットが水の泡。
などと、いつも考えてしまいます。
せっかくのナイスアプローチを生かすには。

シングルになる為には、2m以内は確実に入れていかないとシングルにはなれません。

カップが視界に入るパットは難しい!

アプローチもそうですけど、打った後に目がボールを追いかけてしまい、顔が動いてしまう「ヘッドアップ」です。

私は、「ジョーダン・スピース」のように、最初からボールの方向に顔を向けてパターしています。
その方が良く入るのです。
今回のビデオで、その仕組みが判りました。
顔を下向きにしていても、ボール方向に向けていても、パット時に顔が動かなければ良いということですね。

LINEで友だち追加してね!

関連記事



【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る