バンカーショットがOBの場合、足場をならしてからドロップ出来るの?

tee-313193_1280

バンカーショットがOBの場合、足場をならしてからドロップ出来るの?

バンカーからのショットがOBになってしまいました。
打ち直し又は暫定球の為にドロップしようとしたが、砂の表面が荒れていてドロップしても足跡や穴に入ってしまい打てる状況にないです。
ドロップする前にレーキでならすことは出来ないのでしょうか?。

処置方法
すでにバンカー内からプレーされており、ボールがバンカー内の無いので、砂に触れたり、ならしたり出来る。

規則13-4 例外2
単にコースを保護する目的で、かつ次のストロークに関して規則13-2の違反とならないことを条件として、プレーヤーはいつでもハザード内の砂や土をならすことができる。
ハザード
からプレーされた球がそのストローク後にそのハザードの外にある場合、プレーヤーは制限なしにそのハザード内の砂や土をならすことができる。

————————————————————————————————————–

ゴルフ規則裁定集:球がハザード内にある場合

13-4/37:バンカーからプレーした球がアウトオブバウンズとなり、打ち直す前にバンカーをならす
質問:バンカー内からプレーした球がアウトオブバウンズとなった(または紛失した)ので、プレーヤーは規則27-1に基づいてバンカー内に球をドロップすることにしたが、ドロップすべき場所の足跡をならした(または規則27-1に基づいて球をドロップする前に、バンカー内で2-3回練習スイングを行い砂に触れた)。
この場合、プレーヤーは規則13-4に違反したことになるか。
回答:違反にはならない。規則13-4の禁止規定は、プレーヤーの球がハザード内にあるか、またはハザード内から拾い上げた球を、そのハザード内にドロップしたりプレースすることになる場合にだけ適用となる。質問のケースでは、プレーヤーの球は、ハザード内からプレーされており、拾い上げられたものではない。
加えて、規則13-4の例外2は、ハザードから球を脱出させたあとプレーヤーがそのハザード内の砂や土を平らにならすことを許している。プレーヤーのこの権利は、規則13-2のどのような条項にも優先する。
LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る