ピッチャー返しで打とう!

ゴルフのスイングを言葉で表現するのは、非常に難しいです。
初心者の人に、クラブ軌道が「アウトインだよ」とか「上から入っている」とか「手打ちだよ」とか言われても、
そもそも、今現在行っているスイングしか出来ないし、別のスイング軌道を振ったことが無いので、イメージが沸きません。
私がよく使うのが野球のスイング。
最近の若い方は、あまり野球をやらない人も増えてきてますが、ソフトボール等で経験のない方はいないはずです。

ピッチャー返しで打とう!

0414inaba-001

イメージ的には、次のようになります。
ピッチャー返し → ライン出し、アイアンショット
センターフライ → ドライバーショット
フェード・スライス → サードゴロ、ショートゴロ
インテンショナル・ドロー → セカンドライナー

フェード・スライス

実際に3塁方向方向にボールを打とうとすると、スタンスはいくらかオープンに3塁側方向に構えて、
ボールの到着より早めにスイングを開始し、左に引っ張って打ちます。これがゴルフだとスライスです。

ドローボールとストレート

逆に、ライト線に流し打ちをしようとすると、スタンスはライト側の右方向を向き、ボールのインパクトを少し遅らせて(間を作って)から、ライト方向にインサイドからライト方向に打ち出します。この場合左方向に引っ張った打ち方をするとライト方向にはボールは飛びません。
この引っ張って打つ感覚が、スライス・フェードの要因。
ボールのインパクトを遅らせる感覚が、下半身リードであり、ライトに打つ感覚がクラブがインから入る感覚です。

アイアンショット

ピッチャー返しは、センターフライとは違うので、ライナーでピッチャーを目がけて打ち返します。当然アップライトにはスイングしません。
アイアンショットはピッチャー返しを打つ感覚です。
アドレスでピッチャー方向に構え、ボールをセンターにセットし、クラブフェイスをピッチャー方向に合わせます。
ピッチャーにライナーを打つわけですから、大振りはいりません。ストレートボールをライナーで狙って打てればいいのです。

インテンショナル・ドロー、フェード

応用編として、ピッチャー返しが打てるようになったら、クラブフェイスをピッチャーに向けたまま、スタンスをショート方向にセットし、ライナーショットを打てば、インテンショナルフェードが簡単に打てます。
逆に、クラブフェイスをピッチャーに向けたまま、アドレスを2塁手にセットしてライナーショットを打てば、インテンショナルドローの完成です。

難しい理論より、イメージ作りが大事です。こんな感じでいいのです。力を抜いて、ピシッとピッチャー返しを打つ練習。是非やってみてください。
LINEで友だち追加してね!


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る