アイアンのスイートスポットは何処?

芯を食った当たりって解りますか?ドライバーでもアイアンでもスイートスポットが存在するのです。

アイアンのスイートスポットの調べ方

DSC_0807

クラブフェイスにボールをぶつけてみれば、簡単に解ります。
先端側、中心、ネック回り、上側、下側等、色々試してみましょう
私のアイアンの場合、中心よりややネック寄りやや下側でした。
ボールの飛び方、弾き方が場所によって全然違うのが良く解ります。
フェイスの真ん中ではありません。フェイス面の広い先端側は全然弾きませんでした。

クラブの構造によってスイートスポットの広さが違います。
上級者用アイアンほど狭くなっています。初級者用アイアンほど広くなって、簡単になっています。
ラケットに例えると卓球のラケットとテニスのラケットの違いです。

マッスルバックアイアン:スイートスポットは小さい。重心は高めなので、打ち込んでやらないと芯を食わない。
難しいので、良い・悪いがはっきり結果に表れます。スイング作りをして練習するには良いでしょう。
プロも試合で使う人が少なくなってきました。

キャビティーアイアン:スイートスポットは広い。重心は低い。ミスに寛大でやさしく打てる。
マッスルバックに近いセミ・キャビティーから、飛びに特化したキャビテーまで種類がたくさんあるので、目的をもって選びましょう。

中空アイアン:スイートスポットは広い。フェイスの中が空洞になっていて、FWやユーティティーの様な構造になっています。
初心者や飛距離を求めるプレーヤには良いでしょうが、距離の打ち分けやコントロールして打ちたいプレーヤーには向かないでしょう。
LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
ページ上部へ戻る