パターの基本(大きい筋肉で打とう)

DSC_1438

パターの基本(大きい筋肉で打とう)

パターは人それぞれ、入ればいいのです。
人の感性に基づいて、グリップや打ち方は様々です。
でも、基本は有ると思います。
パターからアプローチの基本。
手で打たない。三角形を崩さない。
お腹・肩の回転で打つ。
距離感は手の感覚でなく、回転幅で大きい筋肉で調整する。
パターの距離感を指やグリップを殺して、肩のストロークで調整する練習です。

手を合唱のように、握らずにグリップします。
左右の手の長さが均一になるので、足・腰・肩が水平に構えられます。
右肩が下がったり、左に開いて構えたりしない様、真っ直ぐアドレスして下さい。
真っ直ぐ一定の距離感を覚えましょう。
しっかりお腹と肩を回さないと距離が出ません。
いかに手で打っていたか、目から鱗です。

関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る