目標スコアよりも「目標パット数」を決めよう

スコアカードにパット数を記入していますか?

myscor
目標スコアを設定する人は多いでしょう。
今日は、「100を切るぞ」。
今日はOBを「ゼロ」で周るぞ!。
「ハーフ30台を出すぞ」。
とか、人によってさまざまな目標をもってスタートしていきます。
しかし、「目標パット数」を設定している人は、あまりいないでしょう。

パット数とスコアは比例する

スコアを記録していないと解りませんが、パットが悪い時ほどスコアが悪いのです。
当然、スコアの悪い人ほど、パット数も多いのです。
ハーフ30台で周る人は、3パットをしません。

1866106

パット数を意識することで、マネジメントが磨かれます。

  1. グリーン周りからのアプローチの場面でも真剣になります。
    どうしたらアプローチのミスが少なくなるか。
    1パット圏内に寄せられるか。
    簡単な上りのラインに着けられるか。
    いつもは、何も考えずにSWを持っていたが、パターに変えようとマネジメントが働くのです。
  2. グリーンに乗せることばかりで打っていたセカンドショット。
    大きめに打ったショットがグリーンオーバーで、下りラインの難しいアプローチが残る。
    グリーン右側のミスしそうな所に設けられたガードバンカーに、まんまと入ってしまう。
    セカンドショットでグリーンを狙うことは大事ですが、パーオン率が50%以下のアマチュアは、殆どグリーンには乗らないのです。
    スコア90前後のアマチュアは、パーオン率が20~30%でしょう。
    グリーンを外した時に、左に外すのか、手前に外すのか、何処に外したらアプローチが簡単で、1パット圏内に寄せられるのか。
    自然に次の1打を考えてから、セカンドショットを打つようになるのです。

パット数の定義

パット数とは、パターを使用した回数ではありません。
プロのパット数は、パーオンしたホールのパット数の平均値ですが。
アマチュアの場合、グリーンにオンしてからのパット数を記録しましょう。
勿論カラーからのパターも、含めません。
これにより、グリーンに乗ったか乗らないかが明確になり、パーオン率の計算も明確になります。
又、アプローチの力量を表す数値のも使えますので、基準を明確にしましょう。

パット数の目標

  • スコア100切りを目指す人は、最低平均2パットの「36」パットを目指しましょう。
    3パット「ゼロ」です。
  • スコア90切りを目指す人は、「32~33」でしょう。
    アプローチとパター。マネジメントと全てにおいて、ワンステップ上を目指しましょう。
  • スコア80切りを目指す人は、目標「30」でしょう。
    30パットが切れないと70台は難しいです。

明確な目標を意識することで、大崩れになりそうな時や、パターの感覚がわからなくなって、いい加減なパットをしそうな時でも、大きくスコアを崩すことが無くなります。
OBを打ってスコアは悪かったけれど、パターとアプローチは満足できたとか。
しっかりした問題点が明確になってきます。
LINEで友だち追加してね!


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る