今日のラウンドテーマは?

1960998640

今日のラウンドテーマは?

次回のゴルフの日程が決まると、練習場に行って色々練習をしたくなりますよね。
ラウンドの前日までに、何とか練習しようと思っていても、中々時間が作れないものです。
前日に何とか時間を作って行っても、満足しなくて修正しようと帰れなくて、練習しすぎなんてことも。
ラウンドの前日は、練習はやめた方だ良いです。
筋肉の疲れを残さない程度にしましょう。
アプローチやアイアンの確認程度で、100球以下に抑えましょう。
当日の朝の練習も同じです。
悪い球が出ても、クヨクヨしない。直そうとしない。
「それが、今のあなたの実力だから」。
その実力の範囲内でスコアを組み立てましょう

普段できない事はしない

ラウンドの前日に練習に行って、「こんなはずではない」と思って修正しようとします。
簡単に戻ればいいのですが、思い通りの結果が出ないと帰れなくなってしまいます。
あなたの思い描いている「理想とベスト」は、10回打って1回出るかでないかのベストショットがイメージに残っているだけなのです。
確かに自分の打ったショットですから、自分の実力に間違いはありません。
ただ、1/10の確率は本当の実力ではありません。
練習場で、3球打ったら2回。5球の内3回。10球の内7回以上の確率で、自分の思い描いた球が打てて実力と言えるでしょう。
それでもコースに行くとその半分の実力しか出ません。

ゴルフ場は練習場ではありません。

ゴルフ場は、普段の自分の実力を100%出し切って、プレイをして楽しんでくる場所です。
ア~だコ~だと考えながらプレイをしても、思い通りに行かなくて、自己嫌悪になるだけです。
スイングの事を考えてプレイをしても思い通りに修正できるものでは無いのです。
練習は練習場で普段から、しっかりと体に覚えこませることが練習です。
思い出さないと出てこないスイングは、「自分の物」になっていなくて、「他人の物」を借りて来て真似をしているだけなのです。

今日のテーマは「1つ」だけ。

ゴルフ場に持ち込んでいいのは、一つだけにしましょう。
今日のテーマは「〇〇に気を付けよう」で良いのです。
3つも4つもテーマを持ち込むと、本来の自分のスイングが出来なくなってしまいます。
ゴルフをしに来たのか、練習をしに来たのか分からなくなってしまいます。
コースに出たらオモイッキリ何時もの自分の実力を出し切ることにしましょう。
結果は悪くていいのです。
悪い所を課題を見つけて、練習場で直せばいいのです。
コースに出たら楽しくプレイすることが大事なのです。
練習場とゴルフコースの差を埋めるための練習が必要になってくることが理解できます。
プロや上級者は、練習場とコースの技術差が少ないのです。
コースの出たらいかに自分の実力を100%発揮できるか。
アマチュアは、コースに出ると50%程度しか自分の実力が出せないのでしょう。
練習所とは別人のようになってしまいます。
ゴルフコースでいつもの自分の能力を100%出せる方法を見つけなければいけません。
その方法やマネジメントも技術の1つなのです。
LINEで友だち追加してね!


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る