絶対に右に行かないクラブ持ってますか?

150y以上を打つロングアイアンやユーティティを得意としている人は、少ないと思います。
180y~200yを自信を持っていてる人は、シングルさんでしょう。

パー3や狭いフェアーウエイのティショット。
ユーティリーやフェアウエイウッドを使ってティショット打つこともあるでしょう。
わざわざ安全を見込んで、ドライバーから短いクラブに替えたのに・・。
かえって飛ばそうと力んでミスショット。なんてこともしばしばあります。
この時に注意することは、「短いクラブを持ったのだから、飛ばそうとしないこと」です。
なぜかティショットで、短いクラブを持っても、少しでも遠くに飛ばそうとしてしまう。
目的は、飛ばすことではなく、フェアーウエイにボールを置くことです。

絶対に右に行かないクラブを持っていますか

狭いホールと云っても、必ず左右にどちらか打ってはいけない方向があるはずです。
ロングホールのセカンドショット。
右に曲げると林に入ってしまい、3打目がグリーンを狙えないケースなど。
私の場合は、5UTを使います。
つかまりがよくて、左に行くことはあっても、右には行かない自信のあるクラブです。

クラブごとの特性を把握しておきましょう。

ドライバーは、ティショットで使うケースが多いので、自分のミスの傾向は良く分かると思います。
FW~ロングアイアンは、ミスショットは出るものの、どちらかに偏った傾向があるはずです。

私の場合には

スプーン(3W):つかまりが悪く、右に行くミスが多い。左に行くミスは少ない
クリーク(5W):つかまりがよく、左に行くミスはあるが、右に行くミスは少ない
ウーティリティ(4U):つかまり過ぎて、左に行くミスは少ない。
ウーティリティ(5U):つかまりが良いので、右に行くミスは少ない。
アイアン(5I):左右どちらのミスも出る。
アイアン(6I):左のミスはあるが、右のミスは少ない。

クラブ選定を距離で選ぶのではなく、どちらの方向のミスが最悪のケースになるのかを考えてクラブ選定を行いましょう。
長いクラブを持った時に、ナイスショットはありません。
前に飛んでくれたら、マアマアのショットです。
ナイスショットの時に何ヤード飛ぶクラブを持っても、確率は低いのです。
私の場合、右がダメか、左がダメかでクラブ選択をしています。
ミスショットが出た時に、大きなミスにならないクラブ選択が必要です。

関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩




友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

ページ上部へ戻る