女子プロが飛ぶのはアッパーブローだから?

アッパーブローって何?

確かに女子プロはアッパーブローに振っていると言われますが、スイングそのものがアッパーブローな訳ではありません。

LPGAの女子プロの平均は約3°アッパーと言われています。
確かにアッパーなのですが、スイングがアッパーなわけではなくて、スイングそのものはレベルスイングなのです。
アッパースイングでは飛びません。
約3°の左上がりの傾斜でレベルスイングをしているのと同じ状態なのです。

以前からドローボールが飛ぶと言われてきました。
クラブが上から入るかっと軌道よりも、ドロー軌道の方がアッパーブローに振りやすいからなのです。
やはり飛ばすためには、カットスライスのスイング軌道をレベルスイングに直す必要があります。
かといってアッパースイングは、パワーが伝わらないので、これもダメです。
まずはレベルスイングを身につけましょう。
LINEで友だち追加してね!


関連記事



【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

【広告】

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る