ドライバー講座③スライス矯正編「曲げて打てば曲がらない!」

ドライバー講座③スライス矯正編「曲げて打てば曲がらない!」

ナスショットは、求めない

ドライバーを真っすぐにフェアウエイ真ん中を狙って打つ程難しいことはありません。
フェアウエイが狭いコース程、プレッシャーがかかる物です。
真っすぐ打とうとするので、右や左の曲がる球が出てしまうのです。

プレーヤーは、フェードボールか、ドローボールのどちらかの持ち球を持っているものです。
それを上手く使って、絶対に左に行かない球。
もしくは絶対に右に行かない球を打って行くのです。

フェアーウエイを広く使う

フェアウエイセンターを狙うと、フェアウエイの幅は左右の半分になってしまいます。
曲げられる許容範囲が狭くなってしまいます。
フェードボールで、フェアウエイ左サイドを狙って打つと、フェアウエイ一杯に曲がっても良いので、フェアーウエイが広く使えるのです。

自分の持ち球で、絶対に右か左に行かない球を打つことによって、プレッシャーが無くなり、ショットの確立も上がってくるのです。

これは技術ではなくて、マネジメントです。
上級者ほど簡単に、初心者程難しいマネジメントをするものです。
初心者程、ナイスショットを求めます。
上級者ほど、ナイスショットを求めません。
ミスをしないショットを求めます。
なぜなら、ゴルフはナイスショットを競うスポーツではなくて、ミスの数を競うスポーツだからです。
LINEで友だち追加してね!


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る