ドライバー講座④『自然なフェイスターンで真っすぐ強い球!』

自然なフェイスターンとは、ボディーターンの事。

ドライバー講座④『自然なフェイスターンで真っすぐ強い球!』

いよいよドライバー口座の核心に入ってきました。

今日のテーマはフェイスターンです。

ビデオでは簡単に説明していますが、難しいことなのです。
ある程度のレベルの人は、ワンポイントで、気づくのですが、初心者の方には理解が難しいかもしれません。
ポイントは、ボディーターンです。
ボディーターンが出来ないので、手で返す動作が必要になってしまいます。
手で返すので、腕に力が入ってしまう事なのです。
要は、ボディーターンが出来なければ、腕の力を抜くことが出来ないという事です。
脱力してクラブヘッドが走れば、フェイスも返ってボディーターンで強い球を打てるのです。

ボディーターンを習得するには

スプリットハンドの練習が効果的です。
スプリットハンドと言うと手の力が入ってしまい、手でこねてしまいそうですが・・。
これが意外ときついのです。
手を上げようとか。手を返そうとか思っても意外と言う事効かないのです。
トップも小さくなり、グリップはいつも胸の前になります。
今迄の間隔よりも、2倍位フォロー側に回転しないといけません。
回転が足らないとクラブフェイスが帰らないので、スライスになります。
飛ばすことが目的ではないので、飛距離はいりません。
小さいトップから、フォロー迄、大きく回転することを覚えるのです。
繰り返すうちに、インパクトの事を忘れます。
インパクトは、只の通過点だということがわかってくるのです。
クロスハンドで打つ練習も効果的です。
ボディーターンが出来るようになったら、腕の脱力の練習です。
腕を脱力するには、肘を下向きに構えます。
クラブを下から握るイメージです。
肘の内側が前を向くように構えると、脱力できますよ。
LINEで友だち追加してね!


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る