【スイング⑤】グリップ・プレッシャー

たかがグリップ、されどグリップです。
グリップ一つで、スライスが直ってしまいます。
左ひじの引けるのも治るのです。
その秘密を勉強しましょう。

【スイング⑤】グリップ・プレッシャー

今回のレッスンテーマはグリップ・プレッシャー(握る力)です。
腕の力を抜いて・・とよく言いますが、グリップの力を抜かなければ、腕の力を抜くことはできません。
腕の力を抜いて、柔らかくしなやかに振るためには、グリップを出来るだけ柔らかく握る必要があるのです。

「グリップをしっかり握る」ことと「どの指で握る」かは意味が違う

このビデオの素晴らしいポイントは、グリップの握る指の解説を正しく説明しているところです。
中指・薬指・小指でしっかり握り、親指と人差し指は、ゆるゆるというか握らない意識が必要です。
このビデをでは、解説していないのですが、もう一つ重要なのは、親指はブリップ上から外すということです。
親指をグリップの上に置くと、どうしても親指で上から押さえつける力が働いてしまいます。
このブログでも解説していますが、親指のプレッシャーを避けるために、グリップで親指をグリップ上から外すことをお勧めします。
これにより、グリップは、上から握るイメージから、薬指・小指に力の入った「下から握る」イメージに代わるのです。
グリップをしたから握ると、上腕筋の力が抜けて、ひじの内側が柔らかく動くのが解ります。
これによりスムーズなクラブのフェイスターンが生まれるのです。
逆に、上腕筋に力が入っていると、ひじがターンできません。
よって、フォロー側で左ひじの引けたスイングになってしまい、スライスの弾道になるのです。
LINEで友だち追加してね!

関連記事

【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

【広告】

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る