3打目は勝負はしないで、乗せること!

3打目は勝負はしないで、乗せること!

よく「3打目勝負」と言いますが、パー4で同じにグリーンを外して3打目を打つ場合。
どれだけの距離の3打目を打つのかによっても違います。
3打目を勝負するかどうかということは、ピンを狙って1パット以内に寄せるということです。
レベルによって、何処からの距離ならピンを狙って勝負できるかが違ってきます。

・100y以上残った3打目。
・中途半端な50y前後の3打目。
・グリーンをこぼれた、10~20yの3打目。
・グリーンカラーからの3打目。

100y以上残った場合には、プロでも全ては勝負しません。

グリーンの形状やピンの配置によって、狙う場所を変えてきます。
勿論プロは、普通に打てば100y~150yは1ピン以内には着けるでしょう。
ただ、次の1打を考えて打つのです。
何でもかんでもピンは狙いません。
砲台グリーンのピンが奥などの場合は、グリーンからこぼれたら、簡単にダボまであります。
グリーンセンター狙いで、上りのパットを残すのが正解です。

50y前後の3打目は、シングルさんなら狙っても良いでしょう。

なぜなら、どのような弾道で、どこを狙っていくのか。
ミスした場合にどのような状況になるのか、理解して狙えるからです。
また、勝負と言っても本当にベタピンを狙うのではありません。
なんとなく寄ったら良いなくらいの、自分にプレッシャーをかけないで打つことが出来るからです。
言われなくても、グリーンに乗せることが、第一優先に考えられる人だからです。
グリーンのセンターが、カップに一番近いということです。

問題なのは、100を切れない人や90を切れないアベレージゴルファーの人です。
うまく行くこともあるので、根拠のない自信があるのです。
10回打って1~2回成功しても、80%の確率で失敗しても狙ってしまう悪い癖。
ボギーで収まらないでダボにする原因になっているのです。

一番難しいのが10~20yの3打目です。

上りの転がしで行けるアプローチなら良いのですが、
砲台グリーンの乗ってすぐのピン配置で奥が下りアプローチなど。
上げて行くか、クッションを入れて転がしで行くか。
本人の得意の方法で、イメージの沸きやすい方法を取るでしょうが・・
シングルさんでさえ、一番判断の難しい、ミスが起こりやすい場面です。
ましてや、1ピンではなくOK範囲に付けたくてカップを狙います。
ここでは、ピンやカップではなく、簡単な上りのパットが打てるエリアをゾーンとしてとらえることが大事です。
自分にプレッシャーを掛けてミスショットを招くのか、プレッシャーが掛からない打ち方をするのかを選択するのは、自分自身です。

パターで狙える範囲の3打目は、ピンやカップを狙って問題ないでしょう。
ウエッジを使用するアプローチは、技量も技の引き出しも大事ですが、いかに自分にプレッシャーを掛けずに、いつも通りのショットが出来るかのマネジメントと気持ちのコントロールが重要になってきます。
90が切れれば、技量は皆同じです。
マネジメントと自らプレッシャーを掛けて自爆していくかどうかの差なのです。
「3打目は勝負はしないで、乗せること!」これが守れるかどうかです。
勝負したくなる自分との戦いです。
だから、ミスして面白いのですが・・
「タラ」と「レバ」をつまみにゴルフの後の一杯が美味しいのです。
Amazonでチェック
GDOでチェック
LINEで友だち追加してね!

関連記事

【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

【広告】

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る