コースデビューからスコアー110切りのマネジメント

ゴルフを始めて、初心者マークのを外す境目が、スコアー108~110以下。同伴者に迷惑を掛けずにラウンドできる境界ではないでしょうか。
又、楽しさから言っても、120~130では、体力的にも精神的にも疲れて楽しさが半減。練習所やラウンドの回数も多くないレベルでしょう。
110が切れたところでゴルフの向上心や楽しさにはまってくるのです。
DSC_0362 (1)

コースデビューからスコアー110切りのマネジメント

では、どうやったら、楽しくゴルフが続けられて、向上心を上げられるのしょうか。
ゴルフを始めるきっかけや薦めてくれる方の環境にも違いが出ますが、初めてコースデビューするような初心者の頃が一番大事で、是非ゴルフの楽しさを感じてもらう様な練習の進め方を教えてあげてください。
子供や女性がゴルフを始めても、上達する前に辞めてしまうのは、そこに問題があるからでしょう。
うちの家族は、奥さんと子供達3人も同じような時期にゴルフを始めて、家族5人でゴルフをしていましたが、
学校や仕事の関係で継続しているのは、今は奥さんと子供一人です。
うちの奥さんも、クラブを買ってから、100を切るのに1年掛かりませんでした。
家族5人でゴルフをするとお金もかかり、半端な金額ではありません。いつも出来るだけお金がかからずに楽しめる方法を模索してました。
子供たちのクラブは、男三人てこともあり、体力に合わせて、中古やお兄ちゃんのお古です。
奥さんは必要なクラブを男性用で単品で揃えていきました。
コースデビューは、ハーフ60以下で回って来られる技量が身に付いてからと考えていましたので、
練習所ではアプローチと7番アイアンまでがチャンと当たること。ドライバーは前に飛ぶというレベルです。
実際に芝の上で打たないと上達しないので、アプローチやバンカーの練習が出来る練習場で練習をします。意外と安く、タダ~¥200/1時間位です。

ショートコースデビュー

最初のコースデビューはショートコースでデビューです。河川敷のショートコースも有るのですが、コースによってはマットで打たされたり、グリーンが小さかったり、コンディション良くないコースも有ります。一番のお勧めは、群馬県のサンコー72のショートコースで、良く行きました。あまり知られていなくて、72ホールの他にショートコースが有り、カートに乗ってプレーが出来ます。受付もクラブハウスで行うので、普通に豪華なゴルフ場に行った気分が味わえます。ショートコースのハーフコースでも立派なゴルフ場です。グリーンはベントのワングリーンで管理が行き届いていて、ドライバーこそ使用できませんが、アップダウンもあり本当のゴルフ場です。本コースが72ホールも有るので、ショートコースはいつもガラガラ。貸し切り状態です。後ろの組が来なければ、練習も出来ます。セカンドの距離のアイアンショットをしっかり打てて、アプローチもそこそこによって、3パットでダブルボギーが目標です。9ホールなので2週回って、¥3,000(税込)です。今は安いゴルフ場がたくさん出てきましたが、安いコースに連れていくとお客は込んでいるし、初心者をゆっくりラウンドさせられる環境でなく、ボール探しや急がせたプレーを強いることになうので、楽しくなくなってしまいます。

本コースのハーフラウンド

そこそこショートコースで慣れてくると、いよいよコースデビューです。ですがラウンドすると高いので、平日午後のハーフラウンドデビューです。
午後の平日は空いているので、大体2時位にはスタートできます。お昼ご飯もゴルフ場で食べないので、平日料金¥3,000です。土日は料金が高くなります。
早くお昼を食べて、12時位にコースに入り、アプローチ、バンカー、パター練習を2時間位した後に、練習ラウンドとして一番最後の最終組でスタートします。
最終組は後ろの組が来ないので、初心者をラウンドさせるのはもってこいです。ラウンド時間を遅くならない範囲で練習もしながら、本コースで¥3,000で練習できるのです。折角コースに行くのですから、たくさん練習をしましょう。うちの家族は、コースに行くときに朝近くの練習場でウオーミングアップをして、コースに1時間以上前に着き、アプローチ、バンカー、パター練習をしてからスタートします。

考え方を変えよう

スコアが108以下でラウンド出来ない人は、美味く成ろうと真剣に思っていないか、楽しさが解っていない。練習もあまり行かない。ラウンド数も少ない。教えてくれる人がいない等です。あまりマネジメントとか必要ないでしょう。練習する方向性が間違っているだけです。ショートコースで慣れるとティーショットはすべてアイアンです。アイアンのティーショットが当たり前なのです。本コースでも子供たちはドライバーが調子悪いとすぐにアイアンに切り替えます。アメリカやイングランドのプレーヤー達も迷うことなくアイアンを手にします。なぜ日本人はドライバーを持つのでしょうか。3オン3パットのダブルボギー以下で回れない人はドライバーの練習は必要ないのです。アプローチやパターを練習しないから上手くならないのです。打ちっぱなしの練習所では上手くならないのです。考え方やお金の使い方、一緒に上達をともに出来る友人や教えてくれる人を作る環境を整えましょう。

1.芝の上で打つ練習を機会を多くする。
2.本コースのラウンドよりも、ショートコースやハーフのラウンドを増やして、ラウンドの回数を増やす。
3.アイアン、ウエッジ、アプローチ、パターの練習を増やす。
4.ラウンドしたら、パット数を必ず付けて記録する。
関連記事



LINEで「いいね」をすると
良いことあるよ!






記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩






友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
ページ上部へ戻る