上毛森林カントリークラブの出足の難しい、No1とNo2を紹介します。

夏の暑い時期は、涼しいゴルフ場でプレイしたいものです。
OUTスタートで難しいのは、出足の3ホール。
No1~3まで、3オーバーで切り抜けられれば良しとします。
HDCPが、No1(1)、No2(5)、No3(3)と続きます。
油断していると、出足の3ホールで5~6オーバーは簡単に出ます。

上毛森林カントリークラブの出足の難しい、No1とNo2を紹介します。

OUTNo1。458yパー4、HDCP1のパーを取るのが難しいホールです。

バックティーは高台の上から打ち下ろしです。
セカンドショットはグリーンに向かって打ち上げです。
はるか下の方に見えるのが、白ティーです。
白ティーには優しいが、バックティーにはかなり厳しいです。
S字のコースになっており、フェアーウエイ右に打つと、セカンドショットは右側の木が邪魔をしてグリーンが狙えません。
バックティーからだと、250y以上飛ばないとセカンドショットは打ち上げ230y以上残ります。
セカンドショットを左に打つと、グリーン左手前に木がありサードショットを邪魔をします。
1打目は、フェアウエイやや左方向。
2打目は、グリーン右方向と打って行きますが、右に曲げるとOBが待っています。
ボギー狙いで行きます。

OUTNo2。415yパー4、HDCP5。

パーで上がるよりも、絶対にOBを打たないで上がるのが、要求されるホールです。
左右はOBで、ドライバーを持たない選手が多いです。
あまり刻み過ぎると、セカンドショットは200y以上残ります。
グリーンの左と奥はOBなので、セカンドOBもあるので注意が必要です。
ティーショットでOBが2発。セカンドショットでOBが2発は普通に出ます。
マネジメントとショットの精度が要求されるホールです。

今年も上毛森林カントリークラブで9月5日に群馬県下高校OB対抗ゴルフ選手権が開催されます。
7月に高校の卒業生のコンペを開催し、選手を選抜します。
代表選手6名でエントリーして、上位5名のトータルスコアで競います。
競技なのでもちろんフルバックティーです。
過去には、JUNON女子オープンが開催されたコースなので、競技指向が高いです。
戦略的にマネジメントと技術を要求されるコースです。

腕に自信のない人は、白ティーがお勧めです。
少し自信のある人は、バックティーに挑戦してください。
打ちのめされても、挑戦欲を掻き立てられるコースです。
私も何度も挑戦し、やっと慣れてきました。
料金も非常にリーズナブルなコースです。
高速を使っても元が取れますよ。

GDOで上毛森林カントリー倶楽部をチェック
楽天で上毛森林カントリー倶楽部をチェック
LINEで友だち追加してね!


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
ページ上部へ戻る