アドレスで固まる人、必見。【スタートは足からの鉄則】

アドレスで固まってしまい、どうやってスタートを切ったら良いのかわからなくなってしまいます。
正しいアドレスが出来て、正しいスタートが切れれば、ゴルフのスイングはほぼ完成です。

飛距離アップレッスン⑥アドレスで固まる人、必見。

 

スイングの正しいスタートは、重心移動から始まります。

腕を上げるのか、肩を回すのか、足を踏み出すのか・・
考えれば考えるほどわからなくなるものです。

まず、腕は体の正面にいつもあって、上げるものでも振る物でもないってことです。
腕は振られる物と理解してください。
振られるためには、腕の力とグリップの力を抜かないと振られることはできません。
クラブがブラブラに振られないといけないのです。

腕やグリップに力が入った途端に、クラブは振る物に変わってしまいます。
クラブを力任せに振っても、飛ばないのです。

石を砕くような大きなハンマーを振ると考えてみてください。
腕の力では振ることはできません。
下半身の先行で、重心移動を行って、反動を付けて引っ張る感じでスタートするでしょう。
これが下半身リードです。

スタートは足からの鉄則

スタートは、「足から」「足から」を自分に言い聞かせてください。
いきなり右足に乗るのが難しいので、一旦左足に乗ってから、右足に乗っていくのです。
きっと良いスタートが切れるようになります。

LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る