シャフトのトゥダウンって何?

todaun

シャフトのトゥダウンって何?

シャフトのトゥダウン現象って知っていますか?
クラブの遠心力によって、クラブヘッドのトゥ側(先端)が下がる現象です。
特に柔らかく、長い物に影響が出やすいので、ドラーバーが一番影響が出ます。
アイアンでも影響がでます。

トゥダウン現象とは、どんな影響があるの?
  1. ヘッドスピードに関係なく、長い物、柔らかい物、ヘッドの重い物に出ます。
    ヘッドスピードの遅い人でも、クラブシャフトは柔らかい物を使用して、長いクラブを使用する傾向がある為、影響が出やすいかもしれません。
    逆にヘッドスピードが速く、シャフトも硬く、短いクラブを使用する人の方が、影響が少ないでしょう。
    しかし、プロのスイングを見ると、かなりシャフトが下方向に下がっていますので、影響が無いとは言えません。
  2. スライスが出やすい。
    アドレスで、クラブを地面に水平に構えていると、そのまま水平レベルにスイング出来た場合。
    インパクト時に、ヘッドのトゥは水平より下を向くことになります。
    トゥが下向きのままインパクトをすると、ボールはスライスになります。
  3. アイアンの場合、アドレス時にトゥがコイン1枚位地面から浮いているのが良いと言われています。
    インパクト時にトゥダウンによって、水平になるからです。
    アイアンのインパクト時に、ヒールしか接地しないでトゥが浮いた状態でインパクトをすると、ボールはフックボールになります。
    逆に、トゥ側が接地して、ヒールが浮いた場合は、スライスになります。
    その為にライ角調整が必要になるのです。
  4. 同じヘッドスピードでも、クラブヘッド、シャフト、スイングによって、全部違います。
    スイングブレーンでスイングできる人、手打ちの傾向の強い人。
    シャフトが硬いか、柔らかいかによっても違います。
    全ての人が、条件が違うのです。
  5. アドレスで構えたボールの位置とインパクト時のボールの当たる位置が違ってきます。
    スイングやミート率が悪いだけでなく、ヘッドの芯に当たらない原因にもなります。
    人によってスイングが全員違うので、何とも言えませんが。
    アドレス時にヘッドの真ん中ではなく、ヒール側かトゥ側にどちらかに寄せて構えた方が、芯に当たる場合がありますので、試してみてください。
どんな対策方法があるの?
  1. 最近のドライバーで、ライ角調整機能が付いているクラブであれば、ライ角をアップライトに調整することで、インパクト時のヘッドを水平に近づけられるでしょう。
  2. 同じ硬さのシャフトでも、トゥダウン現象の多い物と少ない物があります。
    ヘッドスピードや自分のスイングの傾向によっても、相性が違います。
    専門家に相談して、リシャフトするのも良いでしょう。
  3. クラブを短く持つ。クラブを短く持つとシャフトのしなりは抑えられるので、ミート率は上がります。
    しかし、スライスの出る原因が、スイングに問題がある人は、短く持つと余計にスライスが出るので注意しましょう。
  4. スイングブレーンに乗せたスイング改造。
    シャフトのしなる方向が、ボールの打ち出す方向と同じ軌道上にないといけません。
    軌道から外れた分だけ、シャフトが上下に反るのです。

LINEで友だち追加してね!


関連記事

【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

【広告】

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る