どうやったら早くラウンド出来るの

golf-cart-1669772_640

プレーの進行を早くする為のポイント

ハーフのラウンドの時間は2時間から2時間10分が目安です。
前の組が遅くて詰まっている場合はしょうがないのですが、
前の組が詰まっていない場合はハーフ2時間でラウンド出来る技量を付けましょう。
早くラウンドが出来るということは、必要な時に時間を掛けられるということです。
無駄な時間を使わないということです。
上級者ほど、慌てず、急がず、無駄な動きが無いのです。
1つ1つは、大した事ないように感じますが、積み重ねで何分となってくるのです。

どうやったら早くラウンド出来るの

  1. 2時間10分を9ホールで割ると、1ホールあたり約15分になります。
    15分を3~4人でプレーをすると、一人当たり1ホール4~5分です。
    こうやって考えると、すごく短い時間です。
    ボール探しに5分かかったら、制限時間です。
    1ホール4分の時間をどこでゆっくり使いたいですか?
    その為には、無駄な時間を省きましょう。
  2. 一番大事なショットの準備の時間
    初心者の方は、自分の順番になってから、ショットのイメージを考えたり、クラブを決めたり、素振りをします。
    自分の順番が来る前に、イメージ作りやクラブの選定は終わらせておきましょう。
    ティーグラウンドでは、ティーアップしたら、いつものルーティーンを実行するだけです。
    セカンドショットは、前の人が打ち終わる前に、素振りまで終わらせておきましょう。
    グリーン上では、ラインの読むのは、自分の順番が来る前に終わらせておきましょう。
    順番が来てから、反対側に回ってラインを読む行為は、最悪です。
  3. セカンド・サードショット時の注意。
    カートを降りる時は、想定される距離の前後含めて3本のクラブを持って行きましょう。
    クラブ選択を間違えてカートに戻るのは、最悪です。
    ラフの場合は、深くて打てない場合もありますので、脱出用のクラブも必要です。
    林に打ち込んだら、転がしで脱出するクラブ数本を用意しましょう。
    33715560
  4. カートに乗る時のルール
    ショットが終わったら、急いでカートに戻りましょう。
    だらだら歩いている姿は、後ろの組が見ていて気持ちの良いものではありません。
    必ずクラブを持ったまま乗り込みましょう。
    乗ったらすぐにスタートです。
    毎回4人が、クラブをしまってから、カートに乗り込んでいると、合計でハーフで何分という時間になります。
    1ホール分が開いてしまうことになります。
  5. 物を置くのは必ず、進行方向です
    グリーンにカートを置く場合は、必ず停止位置まで持って行きます。
    グリーンが終わって、次のホールの進行方向に置くのがポイントです。
    グリーンが終わってから、カートに戻ることがないように、すぐにグリーンを空けましょう。
    グリーン周りに置く、ウエッジやパターカバーは、次のホールの進行方向です。
    置き忘れ防止と時間短縮です。この数秒も積み重なると大きいのです。
  6. スコアの記入はカートの中で
    グリーン上でよくスコアを記入していますが、スコアの記入はグリーンを降りてからが鉄則です。
    第一優先でグリーンを早く開けることを心がけましょう。
  7. OBだけでなく、紛失の可能性があれば、必ず暫定球を打ちましょう。

時間短縮はマナーです。
遅延プレーはマナー違反です。
試合では、前の組と1ホール以上開くと、同じ組全員がペナルティーで2打罰です。
4人全員がその気になれば、1時間30分は可能なのです。
LINEで友だち追加してね!


関連記事

【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

【広告】

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る