ショット前の儀式(プレショット・ルーティーン)

【広告】

8196047056

ショット前の儀式(プレショット・ルーティーン)

よくルーティーンて聞きますけど、貴方はルーティーンが決まってますか?
なぜルーティーンが大事なのでしょう。

ルーティーンとは、「決まりきった仕事」という意味で、毎回決まった動作や順序を決まった方法を行うことです。
ゴルフでは、プレショット・ルーティーンと言います。
タイガーウッズや宮里 藍さんが、ティーアップしてから、ショットを打つまでの時間がいつも同じで、その時間差が1秒以内だということは有名な話です。
宮里 藍選手は、ティーグランドの後方に頭の中で線を引き、thinking-zone(考えるエリア)、working-zone(仕事をするエリア)に分けているそうです。
考えるエリアでは、時間をかけて、徹底的に考える、想像する、イメージする、決定する。までのことを行います。
どの様なトラブルを避けて、どの様な弾道で、どこを狙ってショットを打つのかを決定します。
ここで大事なのが、結論が出るまで打たないということ。
working-zone(仕事をするエリア)では、決まったことを何も考えないで、いつも通りに実行するだけ。
この、いつもと同じ仕事がプレショット・ルーティーンなのです。

ルーティーンというとよくショットを行う前の動作と思われがちですが、ショットを打ち終わるまでの動作が大事なのです。
アマチュアゴルファーのほとんどが、考えることなく、結論が出ないまま、ショットの動作に入ります。
アドレスしてからどこに打とうか考えたり、OBは嫌だなとか、バンカーは避けようとか、頭の中に浮かんでくるのです。
これでは、雑念が入ったり、飛ばそうと力んだり、ベタピンに寄せようとダフッたり、いつも通りのショットが打てなく原因になるのです。
練習場では、何も考えずにショットするので、ナイスショットが打てても、コースに行くと考えながらショットをするので、別人になってしまうのです。
ゴルフの上達しない人は、自分のルーティーンを決めて、GOのスイッチが入ったら、何も考えずにショットが出来るようにしましょう。

プレショット・ルーティーンのポイント
  1. いつも同じ順序で行う。
    いつもと違うことは、行わないこと。
  2. 何も考えないで行うこと。
    何かが頭の中でよぎったら、最初からルーティーンをやり直す。
  3. ショットまでの時間とリズムを一定にする。
    時間がかかる違和感が出て、リズムが狂います。
  4. あまり長い時間のルーティーンでなく、短めの物にすること。

LINEで友だち追加してね!


関連記事

【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る