テーラーメードM2フェアウエイウッドの初ラウンド評価

タイトリストがテーラーメードになっちゃいました。
ウエッジとパターがタイトリストです。
dsc_1659

テーラーメードM2フェアウエイウッドの初ラウンド評価

M2の5Wが良かったので、急いで注文した3Wが何とか間に合いましたが、配達されたのが夕方だったので練習できませんでした。
ゴルフ場に向かう途中に練習場に立ち寄り、練習していきます。

ユーティティーU5(24°)、U4(21°)、フェアーウエイウッドの5W、3Wは練習場の試打ちのみで、ゴルフコースでの使用は初ラウンドです。

11月というのに12月下旬の寒さです。
みんな防寒対策しています。
風も強風の河川敷のゴルフコースです。
M1のヘッドカバーが軽いので、ティーグラウンドに置いておくと風で飛んで行ってしまいます。
こんなヘッドカバー初めてです。
今まで、ヘッドカバーがカッコよくないので、タイト913D3のヘッドカバーを使用していました。

M2の3Wが馬鹿ッ飛びです。

風のなかで高い弾道でよく飛びます。
ドライバーが要らないくらいよく飛びます。
ティーアップで250y位は飛びそうです。
同伴者がビックリするくらい飛んでます。
5Wと5Uは、コースで使用しても高い弾道でよく上がります。
今回は風が強いので、高い弾道が逆にマイナスになってしまい、上手く距離のジャッジが出来ませんでした。
アイアンも含めて、カーボンシャフトにしたので、高い弾道が風の強い日にマイナスになってしまいます。
これから風対策に慣れが必要ですね。

dsc_1660

初ラウンドの感想

バックティーからのラウンドなので、3W、5Wはティーショット含めて5~6回使用しましたが、全然不安感がありません。
特に強風の時は、スピン量が多くて使用するのに不安が出るのですが、スピン量が少ないのか、横方向のブレは他のFWに比べて少ないです。
フックやスライスの出にくいフェアーウエイウッドと言えます。
私にとっては、ちょっと気になるのが5Wの弾道の上がりすぎかな。
球が上がらない人には良いでしょうね。

ユーティリティーは、全然問題なしです。
特にタイトの23°は左に行ってしまう特徴があって、あまり使う機会が少なかったのです。
R15のU5(24°)は、5Iとロフトは同じですが、安心して使えるクラブです。
5Iよりも緊張しないでつかえて、弾道も高く戦力になりそうです。
今回は飛距離が把握できないのが残念でした。

プロもそうですが、競技仲間でM2が人気になっています。
ローリー・マキロイがWGC-HSBCチャンピオンズで、ドライバーと3WをテーラーメードM2に変えて話題になっています。
世界ランキング1位ジェイソン・デイ、2位ローリー・マキロイ、3位ダスティン・ジョンソンの3人ともテーラーメードM1、M2を使用しています。
私も今までは、タイトのヘッドカバーで隠していたので、目立たなかったのですが、いつの間にかじわじわと増えていますね。
Amazonをチェック
中古クラブをチェック
ゴルフダイジェスト
ゴルフパートナー

記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩




友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

ページ上部へ戻る