距離のあるバンカーショットの打ち方

距離のあるバンカーショットの打ち方

一番嫌なケースです。
距離のあるバンカーショットで、距離が出ないと、又バンカーに入る最悪のパターン。
直接打ってホームランになると、グリーンの奥はOBが待っている。

ここに入れた時点で、上級者とアベレージゴルファーのマネジメントの分岐点になります。
絶対に入れてはいけないバンカーを避けるか、避けられなかかったのかということ。
又、入った時点で、どの様に対処するかで、2~3ストロークの開きが出るでしょう。
こんな場面で、プロはどの様に考えて、打って行くのか教えていただきましょう。
一般的にバンカーショットで、サンドウエッジでエクスプロージョンショットで打った場合は、フルショットで男性で30y、女性で10~15yが最大飛距離でしょう。
直接打って、60~70y飛ばすという方法もありますが、トップしたり、チョット砂に深く入って、ショートしたりと、ミスの可能性は高くなります。
練習ラウンドや、バンカーの練習場でやってみてください。
使用するクラブをAW、PW、9I、8Iとエクスプロージョンで打つ練習をしておきましょう。
飛距離と弾道の高さを確認しておくと、引き出しが増えてスコアアップに結び付きます。

記事を気に入ってもらえた方は「いいね」をお願いします。
すでに「いいね!」をもらっている方は、「シェア」をお願いします。

関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩




友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

ページ上部へ戻る