ガードバンカーの色々なライからの脱出法

ガードバンカーの色々なライからの脱出法

ガードバンカーからきっちり寄せる方法

とはいっても、ガードバンカーは、アマチュアはまずは確実に脱出することです。

左足下がりの難しいライと、平らなライ。左足上がりのライと3つの打ち方を説明してくれます。
それにしてもプロは上手いですね。

プロの使用する整備されたバンカーと、私たちが普段行くコースのバンカーとでは、砂の量や砂の硬さも違います。
砂が少ないと、砂の下の土が顔を出してしまい、フェイスを開くとウエッジのバンスが当たり跳ねてしまうケースもよくあります。
雨の後の湿った、締まったバンカーや砂の少ない薄いバンカー。
砂がたっぷり入った深いバンカーなど、打ち方を解説してくれるといいですね。
LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る