チョイ軽ショットってなに?

photo2

最近「チョイ軽」で打ったなどとよく聞きますよね。
何となく分かるのだけれど・・。
Googleさんにググってみたら、「チョイ軽」て出てこない。
チョット軽く打つということでしょうけど。
ちょっと考えてみましょう。

チョイ軽でも中身によって色々です。

  • フルショットに対してクオーター(3/4)ショット。
    フルショットがフィニッシュまで振り切て打つのに対し、クオーターショットはフィニッシュまで振り切りません。
    振り切って飛距離を優先するショットではないので、出玉のラインを優先するショットです。
    プロがピンを狙って打つ時によく使用します。
    ラインを出して打つので、「ライン出しショット」などとも呼ばれています。
  • フルショットに対してハーフショット(1/2)ショット。
    木の下のトラブルショットや球を上げたくない低い弾道で打つ時。
    木と木の間の狭い空間を狙い定めて打つ時。
    インテンショナルなフェードやドローを低い弾道で打つ時などに使用されます。
  • 力感8割ショット。
    アベレージゴルファーは、フルショット100%に対して、チョイ軽のイメージで力8割で打とうとします。
    力感8割ショットは、100%から20%力を抜いて打つのです。
    これはクオーターショットでもなく、ただの緩んだショットなのです。
    よしここは「チョイ軽で」と打ったショットが、「しまった!緩んだ!」となってしまうのです。
    ラインも出なければ、つかまりの悪いショットになるので、フェードかスライスしか出ません。

何が違うの上級者の「チョイ軽」と初心者の「チョイ軽」

  • プロや上級者のクオーターショットやハーフショットは、振り幅が3/4や1/2になっているのです。
    力加減を調整している訳ではありません。
    ただ、出玉方向のラインを優先している為、力加減はフルショットよりも抑え気味になっています。
    3/4の振り幅のフルショットなのです。
  • アベレージゴルファーの8割ショットは、力を80%にする為に、テイクバックが小さくなります。
    インパクトで減速して、当てて終わりのショットになります。
  • 大きく違うのは、ショットが加速しながらインパクトを迎えるか。
    減速しながらインパクトするかの違いです。
    クオーターショットやハーフショットでも加速しながら打っているのです。
    パンチショットというと、パチンと当てて終わりのようなイメージですが、パチンと当てただけではスライスしか出ません。
    よく卓球で打ち込んでやろうと、パチンと打つとボールはホイップして台から出てしまうのと同じです。
    加速しながらインパクトを迎えて、加速しながらクラブが抜けることで、フェイスローテーションが効いてボールがつかまり、まっすぐラインが出てくるのです。

体が硬くて、フィニッシュの取れない「チョイ軽おやじ」はしょうがないでしょう。
緩んでだらしない「チョイ軽おやじ」ではなく、ピシッとしまった「チョイ軽おやじ」になりたいものです。
LINEで友だち追加してね!


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る