ウエッジもドライバーも回転速度は一緒です。

1545321640

ウエッジもドライバーも回転速度は同じという事実

サンドウエッジ(SW)やアプローチウエッジ(AW)をフルショットする人は少ないと思います。
ウエッジのフルショットと云っても、満振りショットの8割程度のコントロールショットだと思います。
では、ドライバーは、同じような打ち方が出来ているでしょうか。
ドライバーも満振りでは、どこに飛んで行ってしまうか解りません。
8割位のコントロールショットが必要なのです。

手打ちの人ほど差が出る
  1. 手の力で飛ばそうとしている人ほど、力が入ります。
    手の力の加減で、飛距離を調整している人ほど、クラブや飛ばす距離によって、力みが生じます。
  2. ボディーターン(体の回転)で、飛ばしている人は、回転速度は同じです。
    手の力を抜いて、体の回転速度で飛距離をコントロールしている人ほど、全クラブ同じ打ち方になるのです。
  3. 違うのは、クラブの長さと重さだけ。
    一番短いウエッジと一番長いドライバーで、インパクト時のヘッドスピードは違ってきます。
    又、長くなれば難しくなるので、インパクト時に減速したり、ミート率が下がったりします。
  4. 基本は回して戻す。たったこれだけです。
    プロにとってはインパクトは意識しないそうです。
    肩を右に回して、左に加速しながら振り切る。
    その途中にボールがあるだけです。
    だから、目をつぶっても当たるのです。
    アドレスで作った形のまま、右に胸や肩を回して、アドレス形を崩さないことが重要です。
    後はそのまま戻して、左に回転するだけです。
  5. ウエッジからドライバーまで打ち方は一緒です。
    まずはウエッジのアプローチから練習しましょう。
    アドレスで作った手の位置、手首の角度を維持しながら、体の回転だけで打つ練習から始めましょう。
    距離感は、手の力ではなく、体幹の大きな筋肉を使って回転力で調整してください。

LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る