M2とグローレでカスタムシャフト打ち比べ

テーラーメイドのM2とグローレF2。
つかまりがよく簡単でよく飛ぶクラブなのですが、標準のスペックには、余りハードスペックが用意されていません。
今回もゴルフの帰りに有賀園さんにお邪魔しました。
グローレF2のカスタムシャフトを聞いたら、在庫が無いので、好きなシャフトで打たせてくれるとのことです。

GF2-M2-ad-sp

TourAD-TP6SとSpeeder661-Sで、M2とグローレF2を打ち比べします。

今46インチで検討しているシャフト2本で、どちらのヘッドが良いか打ち比べてみます。
今回のシャフトは、標準の長さなので、45インチ+アルファです。

グローレF2+TourAD-TP6S

ヘッドの打感がすごく良いです。
フェイスが柔らかく一旦ボールを包み込んでから、はじき出している感じです。
シャフトとの相性もすごく良いです。
インパクト時の感触で打っている方向や高さが手に取るように解る感じです。
ヘッドが軽いので、自分の打ちたい方向に思いのままに操れそうです。
シュミレーションではありますが、弾道は中弾道で安定してしてすべて250y越です。

グローレF2+Speeder661-S

TourAD-TP6Sよりも、高弾道な球筋でスピン量が多めです。
弾道が高い分TourAD-TP6Sよりも飛距離は落ちている感じです。
シュミレーションなので、実際に使用するボールで打ってみないと何とも言えません。
球筋的には暴れることなく、つかまった良い球が出ます。
気になるのは弾道の高さだけです。

M2+TourAD-TP6S

グローレに比べるとフェイスが硬く、よく弾く感じですが、つかまえている感はグローレの方が上です。
同じシャフトなのにこうも違うのかと感じます。
飛距離的には、グローレF2と変わりなく、少し期待外れでした。
暴れることは無いのですが、グローレに比べると、若干右に行ったり左に行ったりするのが気になります。

M2+Speeder661-S

SpeederEVOLUTION Ⅲは先中調子で、つかまりがよく高弾道の球が出ます。
スライサーや弾道の低い人には良いでしょう。
シャフトが弾いてくれる感じが強いので、今回の組み合わせの中では、一番安定しない組み合わせになってしまいました。
と言っても使い物にならないということでなく、ヘッドスピードが40~42m/s程度の人には良いでしょう。

総評

グローレF2の標準シャフトは、50g台のシャフトしかないので、ひじょうに頼りない感じですが、シャフトを入れ替えることによって、凄く良いクラブになります。
M2も新しモデルになって、好みが分かれるそうですが、旧型より許容性が増して、インパクト音も少し低くなった気がします。
今回の試打をする前までは、M2の純正シャフトが良いと思っていたのですが、グローレF2に惚れました。
特にTourAD-TP6Sとの組み合わせが抜群で、思い通りの球が打てそうです。
飛距離も一番安定して飛んでいました。
機械上のシュミレーションですが、全て同じ条件でのテストです。
難点は、カスタムで注文しないといけないこと。
価格も高いということです。
中古のヘッドと今の使用中のシャフトとの組み合わせも検討しています。

GDOでチェック
Amazonでチェク
楽天でチェック
ゴルフパートナー

LINEで友だち追加してね!


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る