カップをオーバーさせる練習

パターの鉄則。それはカップに届かせることです。
カップに届かなければ絶対に入りません。

カップをオーバーさせる練習

616561187f

短い距離はショートさせない

OK範囲として、安心して入れられる距離は30~50cm程度です。
パターの距離を3つに分けると、次の様になります。
入れに行く短い距離:5m以内
入ったら良いなの中距離:5~10m
距離感だけを合わせる長距離:10m以上
この内中距離と長距離は、距離を合わせるのを優先しましょう。
入れに行くショートパットは、必ず30cmオーバーを目標に打ちましょう。

30cmオーバーに打つ練習

最低でも短い距離のパットは、30cmオーバーで打ちましょう。
30cmオーバーを目標にしてプラス・マイナスが出ても、0~50cmの範囲に入るからです。
その為には、カップインさせる練習をしていたのでは、練習になりません。
何故なら、カップの手前に入る距離とカップの奥に入る距離。
カップから1mオーバーの距離までカップインするからです。

カップインの練習ではなく、カップを30cmオーバーに打つ距離感をつかみましょう。
カップを狙わずに、わざと外してオーバーする距離を確認する。
カップではなく、目印のティーや古いカップ跡で練習する。
1m、3m、5mと距離をずらしながら、距離感を磨きましょう。

30cmオーバーに打てればラインが消える

カップまで丁度の距離で合わせると、ラインや芝目で曲がってしまいます。
プレーヤーがたくさん踏んだグリーンのカップ回りは、踏まれていないのでラインが変わります。
30cmオーバーに打てるようになると、曲がり幅が少なくなり、ラインの読みが簡単になります。
又、芝目にも負けなくなるので、カップインの確率が増してくるのです。

距離合わせのロングパット

中距離から長距離のロングパットでは、上りか下りかを判断し、必ず上りのラインを残すようにしましょう。
1.5mの登りのラインは、簡単ですが、50cmの横と上のラインは難しくなります。
何センチ範囲によれば良いなでは、上りのラインは残せません。
必ず上りのラインを残して打てる様に練習しましょう。

この練習が出来るようになると、パット数が激減します。
5ストロークとは言いませんが、最低でも平均パット数で2~3パットは良くなるはずです。
LINEで友だち追加してね!


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
ページ上部へ戻る