練習グリーンで1番先に行うとこと

img-01

練習グリーンで1番先に行うとこと

コースに着いてパーター練習に練習グリーンに行きますが、パターの入れる練習ばかりしていませんか?
練習グリーンには色んな情報が詰まっているのです。
その情報収集を徹底的にやらないとパターの練習の効果が発揮できません。
パーター練習の前に手で投げて、手の5番でアプローチしてください。
手のアプローチほど確実なものは有りません。
グリーンの固さ柔らかさ、グリーンの速さ等の自分の思っている感覚と違いがあると寄りません。
手でアプローチをしてみて、グリーンのコンディションを調べてください。
グリーンの固さ。グリーンの速さを理解してからパターの練習に入りましょう。
LINEで友だち追加してね!

関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る