レーザー距離計【COOLSHOT20】を買っちゃいました。

2019年からの距離の測定器を使用が許可されます。
今年の公式競技での使用も、ローカルルールで公認される試合が多くなってきました。
個人的にも、最近は殆どのラウンドに使用しています。
正確なピンまでの距離やグリーンエッジまでの距離の測定に最適なので、コースマネジメントやスコア向上に役立っています。

ワイフが私も欲しい・欲しいと真剣に懇願するので、購入しました。
公式競技や正式の規則では、距離の測定機能だけで、勾配や風速などの測定機能は認められていません。
又、購入金額的にも、距離の測定だけのモデルが安く購入できます。

Nicon COOLSHOT20

何より、軽い・小さい・ケースが小さい。
ベルトに装着した時の大きさが小さくて、すごく良いです。
ズボンのポケットにも収納できそうです。

本体の大きさは、3/4程度に小型化されています。
重量も180gから120gに軽量化されています。

購入したのが、NiconのCOOLSHOT20という、一番安いモデルです。
翌日のゴルフに間に合わせようと、ショップを数件回ったのですが、「高い」殆ど値引きをしていませんでした。
ショップには、デモ機は置いてありましたが、上位モデルはデモ機がありませんでした。
ニコンの通販サイトで、¥19,800(税込)で販売しているので、どこのショップでもこの価格に合わせて、ポイントでサービスするようです。
値引き交渉するも、値下げしてもらえませんでした。
Amazonで価格はチェックしていたので、最終的にAmazonで¥13,843(税込)購入しました。

性能的には、今まで使用しているモデルとほぼ一緒です。
何年前に購入したのか忘れましたが、ニコンLASER 350Gで当時¥40,000位したと思います。

何より、安くて小さくて、ケースが小さいのが、気に入りました。
今までのケースが大きくて、ベルトに付けていてもブラブラしていて、カッコ悪かったのです。

今は、腕時計タイプから、携帯タイプまで色々なタイプが販売されていますが、価格は安くありません。
精度と機能を求めるのなら、レーザー測定器をお勧めします。
Amazonでチェック
楽天でチェック
GDOでチェック

LINEで友だち追加してね!


関連記



【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

【広告】

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る