どうやって打ちますか?木の下からのバンカー超えのアプローチ

今週は散々です。
先週のゴルフ疲れか?。熱中症?。寝不足?。なのか判りませんが・・。
木曜日のゴルフで、早く爆睡・就寝したら、翌朝5時に目が覚めました。
金曜は飲み会で、帰ってきて10時前に就寝。翌朝3時に目が覚めて寝付けず。
日曜日の朝、体が重く節々が痛いと思い、熱を測ると37.8度もありました。
翌日も37度と体調悪く。熱があるだけで他は何も異常はありません。
不思議なことに、頭痛も喉も痛くないし、食欲もさほど落ちません。
夏風邪ではなさそうです。
3日間安静にしてたら、体調が戻ってきたので、木曜日にゴルフに行ってきました。
来週、月曜日にパブリック選手権の決勝が新玉村ゴルフ場であるので、練習に行かないと体がなまってしまうと思い練習ラウンドです。

1週間ぶりのゴルフの結果

まだ、少し腰が痛くて本調子ではありませんが、新しい3Wの調子をコースで調べないといけません。
やはり体の調子が本調子ではないので、1~2クラブ飛距離が落ちます。
ドライバーがつかまりが悪く、フェードの曲がりが大きくスライスになってしまいます。
ドライバーが安定しないと、フェアウエイから打てません。

ラフの芝に負けました。
ラフから放った約200yのセカンドショットが、フェイスが返ってしまい左の林の中に・・。
行ってみると、ゲゲゲ・・。さぁどうしよう!という感じでした。

ピンまでは約50y程です。
2本の木が近くて上には上げられません。
一応、SW、AW、6Iを持っていたのですが。
選択肢は3つでした。

低くバンカー越えを狙う。
かなりの低い確率で、バンカーを超えてグリーンに乗っても、ピンによる確率は低いでしょう。
グリーンを出てしまう確率もあります。
木に当たったら、又打ち直しです。
バンカーに入ったら、1パット圏内に寄せて、ボギーの確率は低いでしょう。ダボ確定です。

バンカー手前にレイアップ。
上手く木の下を抜けて、バンカー手前にレイアップしても、バンカー超えのアプローチが残ります。
しかもラフからのアプローチで、1パット圏内に寄せられるかどうかです。
2回ともうまく成功して、ボギーです。

右のフェアウエイに出して、4打目勝負するか。
私の選んだ選択がこれでした。
右のフェアウエイにに出して、約40yのアプローチをピンそばに着けて、ボギーを狙う作戦です。
木の下を潜るリスクもありません。
フェアウエイから打つので、ラフから打つよりスピンも掛かり、ピンによる確率は一番高くなります。
結果は、カップに1.5mに着けたのですが、カップイン出来ずに残念なダボでした。
しかし、想定内のOKダボなので、精神的に落ち込むことも無く、上手く自分をマネジメントできたことを、褒めてあげました。
アタフタした挙句のやっとのダボと、考え抜いたOKダボの精神的な負担と落ち込みは、かなりの差が出ます。
皆さんなら、どんな選択をしますか?。

お昼のランチは、ジャンボメンチカツです。

メニューが変わっていることを期待したのですが、あまり食べたいものがありません。
スタミナを付けようと、初めてジャンボメンチカツを食べました。
ジャンボなので、お肉がいっぱい詰まったメンチカツを想像したのですが、柔らかめでした。
付属のデラックスソースが初めて食べるソースで、気に入りました。
トンカツソース系ではなくて、ウスターソース系の味です。
ウスターソースを濃くしたような味です。
掛け過ぎに注意しながらいただきました。

後3日で体調とショットを調整します。
しかし新玉村は、難しいです。
特にラフがきつかった。

GDOで新玉村ゴルフ場をチェック
楽天GORAで新玉村ゴルフ場をチェック
「じゃらんゴルフ」でチェック


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る