グローレの新型「M GLOIRE」ってどうなの

先日の試打に行ったときに、グローレとを試打しようとしたのですが・・
スタッフに止められました。?
私にはスペックが弱いそうです・・。
同じシャフトで打たせて・・?。

今回新型に生まれ変わった新型「M GLOIRE」

新型になったことで、何が変わったのでしょうか。

M3M4と同様にカーボンとのコンポジットになって、ヘッドが軽量化されました。
テクノロジーもM3M4と同じものが採用されました。
ハンマーヘッドやツイストフェースを取り入れました。

クラブヘッドが軽くなった分、色々な細工が可能になり、良く捕まるように内部にウエイト調整を施しています。
軽いヘッドで、振りやすくして、ヘッドスピードを上げる。
つかまりを良くして、簡単なクラブに進化する。
目指すは、シニアの王者ゼクシオ(XXiO)でしょうね。

私にとって一番重要な変更点は、「カチャカチャ」の機能が無くなったことです。

テーラーメイドのお気に入り特徴は、なんといってもシャフト交換できる「カチャカチャ」です。
年式が変わっても、アスリートでもシニアでも、お気に入りのシャフトにすぐに交換出来てマイクラブに出来る点です。
簡単ヘッドで、捕まりが良くて、飛距離が出るので、アスリートにも人気でした。
今回の変更で、ターゲットを50~60代のシニア層に絞ったことでしょう。
ヘッドスピードも40~45m/secの一般的な層に絞った事でしょう。

標準シャフトも、Speeder EVOLUTION TMという、テーラーメイドカスタムのシッカリしたシャフトを装着しています。
M3M4の標準シャフトと同様の硬さになっています。
ただ、注意点はグリップが異常に軽いグリップが装着されているので、グリップ交換時は注意しましょう。
33gの軽いグリップで、バランスD4を維持しています。
クラブ重量も280g前後ですが、通常のグリップ(50g)を装着すると、クラブ重量300gで、バランスもD4よりもヘッドか軽く感じるでしょう。

せっかくヘッドが進化して良くなったのに、試打して評価できない!
ヘッドスピードが高めの競技ゴルファーやアスリートゴルファーを無視して良いのか?
M3とM4があるから良いのか。

そういえば、女子プロもシニアプロも使ってない?
別にプロはいくらでも気に入ったシャフトを入れてもらえるので、問題は無いでしょうが・・
あれだけ使用率が高かった、グローレが、M3M4に変わってきてますよね。

確かにシャフト交換が出来ないと、クラブの買い替え率が高くなり、売り上げが上がるのかな?
逆にアスリートに不人気のゼクシオと同じ道を選んだのか判りませんけど・・
今後の動向に期待です。

グローレF2が買い時かも

新型が出たことで、ひとつ前のグローレF2が安くなってきました。
グローレFの登場からF2に進化しながら、プロやアスリートに人気が高かったグローレF2です。
今まで高くて手の届かなかったF2ですが、テーラーメイドの使用者なら自分のシャフトに入れ替えるだけです。
F2のヘッドだけ欲しい人は、標準モデルを中古で買えば安くカスタムモデルのグローレF2が安く手に入るチャンスです。
グローレF2使ってみたいです。
GDOでチェック
Amazonでチェク
楽天でチェック
ゴルフパートナー


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る