2019年打ち納めは、妙義カントリーでした。

あけましておめでとうございます。
などと、遅いあいさつで今年も始まります。

昨年の年末は、孫の出産で子供家族が我が家に疎開しに来たりして、てんやわんやでした。
忙しさやら緊張などで、夫婦で体調を崩してしまい、ゴルフなどの時間の余裕がとれませんでした。
何とか体調を取り戻して、最後にラウンドに行ったのが妙義カントリーでした。

じゃらんのポイントが切れてしまうので、女房のポイントを使って、二人で食事つきで¥5,000程度でプレイさせてもらいました。
年末の安い時期に、ポイントもバカにならないですね。(感謝感謝です)

2019年打ち納めは、妙義カントリーでした。

上信越自動車道を通っていると、下仁田付近で右側に大きなホテルが見えます。
そこが妙義カントリークラブです。
なんでゴルフ場にこんなに大きなホテルを建てたのでしょうね。
バブルの産物でしょか。

練習場も完備されています。
マスター室でコインを購入していかないと球が購入できないので、注意してください。
練習場からクラブハウスまでは、かなりの勾配があります。

グリーンはワングリーンなので、練習場のグリーンもかなり大きいです。
ロングパットの練習をしっかりやっていきましょう。

インコースNo10。PAR4です。

数年前にコンペで来た以来なので、あまり覚えていません。
今日はバックの青ティーで、プレイします。
左右がOBなので、プレッシャーのかかるスタートホールです。
白ティーならばドライバーの必要ないホールでしょうが、青ティーで行くのでドライバーを使いました。

フェアウエイ左サイドを狙って打ったら、突き抜けて左斜面を落ちてしまいました。
暫定球をフェアウエイ真ん中を狙って打って行ったのですが、フェアウエイを右に外れたようです。
結果、左の1球目は突き抜けて見つからず、暫定球は、フェアウエイ右側は斜面になっており、キックして右に出てしまったようです。
結局2球とも左右OBのスタートとなってしまいました。
次回は、ドライバーを封印しましょう。

INコース最終No18、パー5で悲劇です。

気持ちよくナイスショットして行ったボールが見つかりません。
やっと見つけたと思ったら、手前のフェアウエイバンカーに、大目玉になっていました。

砂が柔らかく量も入っているので、ドライバーでもランが出ることなく潜ってしまったようです。
ボールの半分以上が沈んでいます。
フェアウエイバンカーでは珍しい経験です。
怖いのは砂が柔らかいので、無理に出そうとすると砂に潜ってしまうことです。

2打目は距離を稼ぎたいのですが、まずはバンカーを出すことを優先し、7Iでかぶせて打ちました。
距離はそれほど稼げませんが、何とか脱出できました。

お昼のランチは、カキフライ定食です。

スタートから最終ホールまで、散々のゴルフでしたが、美味しいカキフライが食べられてよかったです。
まあ、打ち納めのラウンドなので、楽しく出来ればいいのでしょうが、納得いくゴルフが出来なかったのが残念でした。

実はこのところショットの調子が良くて、ショット的には人生最高に仕上がっていたのに、残念でした。
やはりゴルフは、自然とゴルフ場のコンディションの戦いなのですね。
グリーンもベントグリーンですが、しばらく刈っていないのでカップの手前で色々な方向に切れてしまいます。
まあ、冬のゴルフはスコアをあまり気にせずにやっていきましょうね。

じゃらんゴルフでチェック
楽天GORAでチェック

LINEで友だち追加してね!


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
ページ上部へ戻る