赤城国際CCので練習ラウンド

【広告】

昨日は、赤城国際カントリークラブへ練習ラウンドに行ってきました。
来る10月1に群馬県下都市対抗ゴルフ選手権が開催されるため、研修会のメンバーと練習ラウンドです。
珍しく午後から雨の予報で、曇り空の天気です。

朝のドライビングレンジ

最近の飛距離アップの練習で、練習場では振れているのにコースに出ると振れていないとの問題点を確認に来ました。
朝のドライビングレンジでウォーイングアップを行いながら確認していきます。
練習レンジのボールは、練習場のボールではなくて、ロストボールを使用しているので実際の飛距離が出ます。
100円で10球なので、30球打ちます。
SWから打ち始めて、体が温まっていないのに、まあまあの飛距離です。
最後にドライバーを打って、場外には届きませんが少し手前まで飛んでいるので、250yは飛んでいます。

指定練習日なのか、良い状態に仕上がっています。

指定練習日なのか、セッティングしてくれたのかわかりませんが、グリーンのコンディションも試合モードの良い転がりです。
結構速いです。
ここ赤城国際のグリーンが速く仕上がってくると、とても難しくなります。
3パット4パットが当たり前になるんですね。

グリーンもNo1のメイングリーンで、ティグランドもチャンピオンティーと同じ一番後です。
バックティーでも、通常一番後方には配置しないのですが、サービスしてくれたのでしょうか。
ラフも長くなっているので、すごく厳しいゴルフになりそうです。

東コースNo9、442y、パー4を紹介します。

このホールは、東コースの最終で私もあまり好きではないホールです。
右がOBで左サイドは余程曲げない限りはセーフですが、林の中に打ち込んでしまうので、出すだけになってしまいます。
距離も442yあるので、ドライバーを曲げずに飛ばさないと、200y以上残ってしまいます。
中々パーをとるのが難しいホールです。
今回は、いつも左に行ってしまうので、勇気をもって右の木の上狙いで行きました。
真っすぐ行ったのは良かったのですが、次の木が邪魔をしてグリーンが狙えませんでした。
186yをスライスをかけて狙ったのですが、スライスがうまくかからず飛び過ぎて左のサブグリーンの奥まで飛んでしまいました。
ロブ系のアプローチで乗ってすぐのピンを狙ったのですが、止まらずにグリーンをこぼれてしまいました。
結果、寄らず入らずで痛恨のトリプルでした。

ランチはやまと豚のカツレツです。

最近ハマっているのが、やまと豚のランチです。
赤城地区名産のやまと豚です。
結構どこで食べても柔らかくてハズレがなく美味しいです。
以前に食べて美味しかったのを思い出して注文しました。
同伴者も同じものを頼んで、「これは美味しいね」と絶賛してました。
有名な永井食堂のもつ煮定食も美味しいですよ。

今回は、コースでの飛距離を伸ばすこと。
練習場と同じように振り切ることをテーマにしてラウンドを行いました。
いつもの飛距離感覚で、振り切りながら回ってみると、やはりいつもより飛んでいます。
飛び過ぎてグリーンの奥に乗ることが多かったです。
今回はラウンドしながらヘッドスピードは計測しなかったですが、少しずつ飛距離は伸びているのが実感できました。
まだまだ、伸ばしていきますよ。

楽天で赤城国際CCをチェック
じゃらんゴルフでチェック

LINEで友だち追加してね!


関連記事



【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る