どうやって打ちますか?このバンカー

先日の霧の中での赤城国際CC
バンカーの中に松の木が植えてあります。
行ってみたら、こんな状況でした。
ピンは、丁度松の向こう側です。
霧で見えにくいですが、うっすらフラッグが見えます。

どうやって打ちますか?このバンカー

バンカーからグリーンエッジまでは、約10y。
グリーンエッジからピンまでも約10yです。

さあ、あなたならどうやって打ちますか?

バンカーと松の枝の隙間を狙って打つ

球を上げる訳に行かないので、SWのフェイスを閉じて、打ちます。
フェイスを閉じて打つと、フェイスは深く砂に入り込みます。
あまり手前からフェイスを入れすぎると、深く入りすぎて球が出なくなります。
あらかじめ砂の量と硬さを把握しておかないといけません。
打ち込んだだけでは、球を飛ばすことはできません。
砂にフェイスを入れた後は、フォロースルーの回転力でホールを前に運び出しましょう。

左横に一旦出してから、ピンを狙う

フェイスを閉じて打つ練習をしていないと、出玉の高さと距離の把握が出来ません。
自身の無い人は、ためらわずに横に出しましょう。
チャレンジできる状況と、絶対にスコアを落とせない状況では違いますが、
ピンを狙って上手く出せても、パーが取れるとは限りません。
松の枝や、バンカーから出なかったら、ダボもあります。
左に一旦出しても、約30yのアプローチが残るので、上手く寄ればボギーの可能性もあります。

最終的には、私はピンを狙うことにして、フェイスを閉じて打ちました。
少し砂の量が多めで、深く入って距離が出なかったので、グリーンエッジの少し手前でした。
そこからのボギーでした。
SWを閉じで打つ打ち方だけでなく、PWや9Iで打つことも出来ますので、練習しておきましょう。
SWを閉じて打つより、ロフトの立ったクラブでエクスプロージョンで低く打ちだすことも出来ます。
但しボールをクリーンに打つことは、難しいのでやめた方が良いでしょう。
トップになってホームランの可能性もあります。

GDOで赤城国際CCをチェック
楽天で赤城国際CCをチェック

LINEで友だち追加してね!


関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る