手から上げない練習(その3)

手から上げない練習(その3)

手から上げない練習(その1)の動画です。
やり方は、ボールを重たいソフトボールに見立てて、真後ろに押し出して打ちましょう。

目的は、
1.手からヒョイっと上げない。
2.ゆっくり大きなテイクバックを作る。
3.上半身の捻転で重たいものを後ろに押しやる

重たいものを後ろに押し出そうとすると、手の力でなく、腰から力を入れてスタートします。
テイクバックは理論上、右股関節に体重が乗り、後から手が上がるイメージです。
先に右腰が切れるのでクラブがトップに差し掛かる前に腰の切り返しが行えます。
下半身リードで上半身の腕とクラブが後から付いてくるということです。
逆に手から上がっていくと、上半身の捻転が出来なくなったり。
捻転が終わる前に、手から降ろし始めるので、フェイスの開いたカット軌道のスイングになってしまいます。
LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る