キャディーに渡されたボールが違っていた

上級者や試合など、同伴者がみな同じボールを使用していることは、よくあるケースなので注意してください。
共用キャディーにボールを拭いてもらい、渡されたボールが同伴プレーヤのボールだった。
3240217

キャディーに渡されたボールが違っていた

ストローク前に気が付いた

無罰で、正規のボールに交換してプレー続行。

気が付かずに、ファーストパットをしてしまった。

この場合処理が複雑になります。誤って取り替えられた球をストロークしたときは、
規則では2打の罰を受け、ストロークプレーでは取り替えられたボールでそのホールを終えなければならないことになっています。
しかし、取り換えられたボールは、同伴プレーヤーの正球であり、同伴プレーヤーが取り違えたもう一方の私のボールをプレーするとやはり2打罰になる。
この場合は規則15―3bの「誤球」扱いで、2罰打の上、自分の正球で打ち直すのが合理的でしょう。
誤球扱いで処理した場合は、誤球でプレーされたストローク数は競技者のスコアに入れない為、打ち直しの処置になります。
間違ってキャデーに渡されたボールを確認しないでストロークしてしまった、自分に2打罰が付き、
同様に間違えられた同伴プレーヤーはストローク前であれば無罰になります。
競技などで、共用キャディーが付く場合は、十分注意しましょう。

———————————————————————————

規則15-2 取り替えられた球

1ホールのプレーを終えるために他の球をプレーしたりドロップやプレースすることがプレーヤーに許される規則に基づいて処置する場合、プレーヤーは球を取り替えることができる。その場合、取り替えられた球がインプレーの球となる。
規則上球を取り替えることが許されていないのにプレーヤーが球を取り替えた場合、取り替えられた球は誤球ではなく、その球はインプレーの球となる。誤りが規則20-6の規定に従って訂正されずプレーヤーが誤って取り替えられた球をストロークしたときは、プレーヤーは該当する規則に基づいて、マッチプレーではそのホールの負け、ストロークプレーでは2打の罰を受け、ストロークプレーでは取り替えられた球でそのホールを終えなければならない。
例外:プレーヤーが誤所からストロークを行ったことに対する罰を受けた場合、規則で許されていないのに球を取り替えたことに対する追加の罰はない
(誤所からのプレー-規則20-7参照)

———————————————————————————–

15-3 誤 球 b ストロークプレー

競技者が誤球に対して1回または複数回のストロークをした場合、競技者は2打の罰を受ける
競技者は、正球をプレーするか、規則に基づいて処置することによって、誤りを訂正しなければならない。競技者が次のティーインググラウンドからストロークをする前に誤りを訂正しなかったときは(ラウンドの最終ホールでは、パッティンググリーンを離れる前に誤りを訂正する意思を宣言しなかったときは)、競技失格となる
競技者により誤球でプレーされたストローク数は競技者のスコアに入れない。
誤球が他の競技者の球であった場合、その球の持主は誤球のプレーが最初に起きた箇所にをプレースしなければならない。
例外:競技者がウォーターハザード内の水の中で動いている誤球に対してストロークを行った場合は罰はない。ウォーターハザード内の水の中で動いている誤球に対して行われたストロークは競技者のスコアに入れない。
(プレースとリプレース-規則20-3参照)
LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る