同伴プレーヤーがマークした球を渡された

同伴プレーヤーがマークした球を渡された

バンカーショットを終わり、バンカーを修復してグリーンに上がると、「邪魔だったのでマークしました」とボールを渡された。
マークを許可した覚えもないので、迷ってしまいました。
ボールのリプレースは、マークした人が行うのではないでしょうか?

mark

球の拾い上げとリプレース

  • 球の拾い上げは、プレーヤー自身が行わなければならないか
    規則20-1は、拾い上げる球はプレーヤー、パートナーまたはプレーヤーの認めた人がこれを拾い上げることができると規定しています。
  • 許可なしに同伴競技者が競技者の球を拾い上げる
    ストロークプレーの場合。規則18-4は、同伴競技者またはそのキャディーや携帯品が競技者の球を動かしたり、球に触れたり、球の動く原因となっても罰はない
    球が動かされたときは、誰にも罰はなく、その球はリプレースされなければならない。
    マッチプレーの場合は、許可なしに相手の球を触ったり、動かした場合は、1打罰が付きます。
  • プレースとリプレース
    プレースを要する球は、プレーヤーかパートナーがプレースしなければならないとされており、同伴競技者がマークしたボールであっても、プレーヤーがリプレースしても、問題ないのです。
    規則20-3aでは、次の人がリプレースしなければならないとされております。
    (i)その球を拾い上げたり、動かした人
    (ii)プレーヤー
    (iii)プレーヤーのパートナー(ダブルスの場合)
  • キャディーさんがマークした球
    一般にキャディーさんは、共用キャディーで同伴者のキャディーであり、自分のキャディーでもあります。
    リプレースは、キャディーが行っても、プレーヤーが行っても問題ないです。
    公式競技の場合は、自分のキャディーであっても、プレーヤーの許可が無い場合は、1打罰が付きます。
    公式競技でない場合は、一般的には、キャディーさん含め、正式な規則を知らない人同士のプレーなので、キャディーさんが拾い上げを許可したことにして、「ありがとう」と言ってリプレースしたら良いのではないでしょうか。

LINEで友だち追加してね!


関連ページ



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る