アドレスの練習をしよう!

DSC_1117

アドレスの練習をしよう!

せっかく練習場に練習に行ったのですから、ただ打つだけでなく、アドレスの練習をしてください。
まっすぐ目標方向に構えているのか、確認してください。
右を向いていないかと確認しながら、目標にまっすぐ構える練習をしてください。
練習場の約150yのピンに向かって、アドレスしてクラブを自分の足元のつま先に置いて下さい。
後方から向いている方向を確認します。
アドレスの向きがピンを向いていたら右過ぎです。

目標の1ピン左が正解です。

目標に対して、線路のレールのように並行ののレールが出来るのが正解です。
ボールと目標を結んだ線とアドレス方向線が並行になるのです。
ドローやフェードを計算に入れてアドレスする場合は、ちょっと違ってきますが、基本は目標に向かって並行に真っすぐアドレスすることです。
それは、ぴんに向かって構えることではないのです。
ピンに向かっていたら右を向いているということです。
右にグリーンを外すか、フックボウルが出るかどちらかです。
これ位左を向いているようでまっすぐのアドレスなのです。

9番から7番位はまっすぐ構えてまっすぐ打ちましょう。
基本のアドレスに対して、ショートアイアンはつかまりが良いので若干右向きになっていきます。
ロングアイアンはフェードが出やすいので若干左向きと、自分のスイングに合わせて微調整します。

DSC_1118
上達具合に合わせて、まっすぐ構えてまっすぐ打つ練習が必要になります。
250y~300yをまっすぐ打つのが難しいのです。
その為にはまず100y~150yをまっすぐ構えてまっすぐ打つ練習をしましょう。
飛距離はその後です。
せっかくナイスショットをしても、目標と違う方向に打ったのでは、何もなりません。

関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
ページ上部へ戻る