ショットの基本・足のそろえ打ち

DSC_1339

ショットの基本・足のそろえ打ち

足を揃えて打ってみよう。
色んな意味のある練習ドリルですが、あえて今回はどんな自分の欠点が感じられるのか、感じてください。
どれだけ地味に反復練習できるかを確認してください。
必ず自分のレベルに合った問題点が見えてきます。
フルショットや飛ばすことが目的で無いです。

練習目的

  1. 軸を意識して、回転運動を感じる練習です。
    軸が安定して1軸で回転できないと、よろけてします。
  2. 手打ちでは、ショットが安定しないので、肩を回転しながら、回転で打つ練習です。
  3. 腕やグリップに力が入っているとヘッドが走らないので、飛距が出ません。
    腕やグリップの力を脱力する練習です。
    背筋を伸ばし前傾すると手が上がらないので、オーバースイングの矯正になります。
  4. 前傾すると股関節が入り易いので、トップで腰が抜けてしまうのを矯正します。
  5. ヘッドが走ってくると、フルショットの7~8割位の距離が打てます。
    力まないで打つ練習になります。
  6. トップで手が上がっているのか、肩が回っているのか、小さいトップで フォローの回転で飛ばす練習です。
  7. トップで開いて、フォローで閉じる、ライン出しの練習。
    スライスが出ているうちは、手打ちです。
  8. 足を閉じて、股関節を入れながら体重移動します。
    右に乗って、下半身リードで打つ練習。
    足を閉じているので、アプローチの感覚で練習しましょう。
    これは難しい最終章。
    腰の入れ替えの練習。

LINEで友だち追加してね!

関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る