パターの芯とボールの芯

パターの芯で打つ重要性

パターの練習で距離感を養う練習や構えた方向に真っ直ぐ打つ練習をされている方は多いと思います。
パターの練習で一番重要なことは、毎回パターの芯で打つことです。
パターの芯で打たないと、毎回ボールの転がりが変わってしまい、距離感の練習にもなりません。
自分はカップまで打ったつもりが届かなかったり、手前でスピードが無くなり思ったより切れてしまうことがあります。
自分では思ったより重かったとか、読みが違ったと思われるかもしれません。
実は芯を外して打っていたことにより転がりが悪かった可能性が高いのです。

横の芯と縦の芯

パターはフェイスの真ん中で打つことには注意していますが、縦方向の芯があるのです。
ODYSSEY(オデッセイ)のパターも重心が低いタイプの方が多いのです。
jyushin

ボールの芯とパターの芯

ボールの芯とパターの芯の高さに大きく違いがあることを解っている人は少ないでしょう。
実はかなり芯の高さが違うのです。
DSC_0925DSC_0927

ボールの芯をパターの芯で打つには、パターを地面から浮かせて構えて打たなくてはいけません。
自分の使用しているパターの芯がどこにあるのか、どの位浮かせてボールの芯に当たるのか調べてください。
そしてパターを地面から浮かせて打つ練習から始めてみましょう。
縦の芯と横の芯でボールの芯を打つ練習をすることで、安定した転がりが得られるのです。
LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る