パットの線上のスパイクの跡を、同伴競技者が修理してくれても無罰です。

2019年1月1日から新しいゴルフ規則が施行されます。

新し規則では、パッティンググリーン上の損傷箇所を修復できます。

2018年までの規則では、グリーンのプレー線上にある損傷個所は、ボールマークだけでした。
2019年のルール改正で、人、動物、乗り物などによって作られた損傷箇所は、修復できるようになりました。
例えば、プレー線上のスパイクマークも修理出来るようになりました。


ここからは、2018年まで適用規則になります。

同伴競技者がボールマークを修復している時に、自分のパット線上のスパイク跡も一緒に修復してくれた。
同伴競技者も自分のパットのライン上とは知らずにスパイク跡を修復した可能性はあるが、ラッキーと思って黙認すると自分も2打罰を受けます。

img150513

パットの線上のスパイクの跡を、同伴競技者が修理してくれるのを黙認すると2打罰ですよ

同伴競技者のパット線上のスパイク跡を自分が修復すると

自分のパット線上ではなく、同伴競技者のパット線上でも2打罰を受けます。

同伴競技者が自分のパット線上のスパイク後を修復したのを黙認すると

プレー線の改善を許したことによって、自分も2打罰を受けます。
もちろん、自分でスパイク跡を踏んで修復しても罰を受けるので、
同伴競技者が自分のパット線上のスパイク跡を踏んでも、同伴競技者は2打罰を受けます。

同伴競技者にパット線上を踏まれた

  • 踏まれただけでは、誰も罰は受けません。
    エチケット、マナー違反だけです。
  • 踏まれて、スパイク跡が付いたり、ひっかき傷が付いた
    無罰で元の通りに修復できます。但し同伴競技者に指摘をして、確認してから修復しましょう。
    黙ってやると、勘違いされて2打罰を受けます。

パットラインは踏まない

自分のパットラインも同伴競技者のパットラインも、とにかく踏まないように気を付けましょう。
明らかに微妙な判断ですが、球の転がりに影響があると判断されないように注意しましょう。
ラインを踏んだだけで、2打罰は悲しいです。OBと一緒になってしまいます。

——————————————————————————
参考:規則裁定 13-2/36 パットの線上のスパイクの跡を、同伴競技者が修理してくれるのを黙認

質問:同伴競技者がスパイク跡を修理し競技者のパットの線を故意に改善した場合、同伴競技者は規則1-2により罰を課せられるが、もしその同伴競技者の行為を競技者が黙認または是認した場合には、競技者も罰を受けることになるか。

回答:プレーの線を同伴競技者が改善するのを許したことに対し、競技者は規則13-2により罰を受ける。

◎関連裁定:
   *16-1a/16 ボールマークの修理の際、パットの線上のスパイク跡も修理される
   *16-1c/4 ホール周辺のスパイクマークの修理
 

規則 1-2 球の動きに影響を及ぼす、あるいは物理的条件を変える・・・2打罰

規則 13-2 球のライや、意図するスタンス・スイングの区域、プレーの線の改善
次の行為によって自分で改善したり、改善されるのを許してはならない。2打罰
LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る