20yのアプローチ、ドローとフェードで打ってみよう。

on-the-green-2-312343-m

20yのアプローチ、ドローとフェードで打ってみよう。

10y~20yのアプローチで同じ打ち方をしているのに、オーバーしたり、ショートしたり
していると思いますが、上りと下りとドローとフェードを意識しないと寄りません。

アプローチの基本ですが、ちょっと高度な内容です。
ドローとフェードを理解するうえで、練習場で20yのころがしのアプローチをしてみましょう。
ドロー回転とフェードのカット回転で、同じ5yのキャリーで打ちます。
練習場のマットは早いので、5yキャリーでも20y位は簡単に転がります。
どの様にランが出て、どの様にスピンで止まるか、体の感覚で感じてください。
落ちてから、右に行くか左に行くか、感じてください。
ランを使ったアプローチ、スピンを入れたアプローチの練習の入り口が見えてきます。
この延長がインテンショナルなドローとフェードに結びついていきます。

関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る