70点のゴルフで組み立てよう

練習場ではナイスショットが打てるのに、コースに行くとナイスショットが出ない。
トップ、スライス、ダフリ気味ショットは大半で、完璧ショットはラウンド中に幾つも無いはずです。
完璧なショット(100点ショット)を求めても無理なのです。

golf-1140558

練習場は、平らな場所に平らなマット。

練習場は、スタンス、ライ共に100点の条件でショットが打てる訳です。
芝ではなくゴムや人工芝のマットで、少々手前からダフッてもマットを滑ってそこそこに当たってくれます。
アベレージゴルファーは、ボールにクリーンにヒットしているのか、マットを滑ってヒットしているかの判断が難しいと思います。
アイアンもティーアップして、ボールに直接コンタクトする練習も必要です。

ゴルフ場は100点の条件など無い。

練習場は、100点の条件が揃っているのに対し、コースに出ると100点の条件はありません。

  1. 平らな場所は無い
    テーグランドでも平らな場所は無いと言っても良いでしょう。
    気が付かない程度に、左足上がり、つま先上りになっていたりします。
    ティーグランドの後ろに立って、どの場所が一番水平で条件が良いか確認してから、ティーアップしましょう。
  2. 芝の条件によって違う
    ティーグラウンドは唯一、芝のライに関係なく打てる場所です。
    ライ(lie)とは、ボールの位置や場所、置かれた条件等を表現する言葉です。
    良いライとは打ちやすい状態ということです。
    ティーアップ以外は100%の条件で打てないと思いましょう。
    フェアウエー、ファーストカット、セミラフ、ラフ、バンカー等、ボールのライの条件は良くて70点と考えましょう。
    フェアーウエーでも、芝の種類や雨が降った後の柔らかい状態や硬い状態など様々です。
    雨が降った柔らかいフェアーウエー等は最悪です。
    フェアーウエイウッドを打ち込むとボールが芝にめり込んでしまいます。
    ウエッジが刺さってしまってアプローチの距離感が全然合わないことがあります。
  3. 風や高低差を条件に入れる
    ゴルフ場は自然ともにプレーを楽しみます。
    風が無風の時はありません。
    打ち上げ打ち下ろしの高低差の無いゴルフ場も無いのです。
    風や高低差の距離の打ち分けでは、いつも10%以上は飛距離が狂ってしまいます。
  4. 池やOBなどのプレッシャー
    ティーグランドの向きや池やOBのプレッシャーは上級者になるほど、意識しなくなりますが。
    プレッシャーを感じると、リズムが速くなってしまったり、体が止まったり、手打ちになったり、普段出ないミスがおきます。
    プレッシャーの掛かったショットほど、フィニッシュまで振り切ったスイングをしたいものです。

ナイスショットが記憶に残る

練習場のナイスショット(100点)は気持ちのいいものです。
何度も同じ場所から打ち直して、ナイスショットが打てるのは普通なのです。
しかも、ナイスショット以外のショットは見て見ないふりをしています。
10回ショットして5回もナイスショットが打てると、自分は上手いと勘違いをしてしまうのです。
しかしゴルフコースでは、たった一度のショットを100点にしなければなりません。
練習場では、10回ショットをしたら、何回ミスショットが出たかを覚えておきましょう。
ゴルフコースでは、それ以上の確率でミスショットが出ます。
練習場では140~150yのグリーンに10回中、7回程度ナイスショット出来きる人が、コースに行くとスタンスが悪いとか、ライが悪かったりラフだったり悪い条件が重なってきます。
するとコース上でナイスショットが出来る確率は50%以下になってしまいます。
10回ショットしたら、5階以上はミスショットです。

70点のゴルフで組み立てる

  1. ゴルフはミスを数えるスポーツです。
    何回ミスをしたか、ミスをしたストロークが加算されていきます。
    ミスを受け入れられない完璧主義者は、ゴルフには向いていないかもしれません。
    自分は100点のショットが出来ても、ゴルフ場は100点のゴルフをさせてくれません。
  2. ドライバーがナイスショットで100点でも、風に流されてラフだったり、フェアーウエイでディボット後だったりするのは、運が悪いのでなく普通なのです。
    100点のショットに100点の結果は付いて来ません。
    100点のショットがまぐれです。
    70点のショットが出来れば普通です。
    70点のショットに70点の結果で満点です。
    50点の結果で普通です。
  3. 50~70点の状況下で、何点のショットを選択するかでスコアが決まります。
    ラフやディボットの悪条件(50点)の時でも、100点のショットを求めるのがアベレージゴルファーです。
    実力が50点の人が100点のショットで100点の結果を求めるマネジメントこそ、最悪の結果を招きます。
    100点のショットは無理なので、置かれた状況下で70点以上の結果を出せる選択をするのが上級者です。
    ショットも70点、環境、コンディションも70点、運も70点のゴルフで組み立てて、スコアーが70点以上を目指しましょう。
    それが上級者が50~60点の崩れないゴルフをする秘訣でしょう。
    「今日のゴルフは条件が悪かったけど、80点かな」と言いたいものです。

LINEで友だち追加してね!


関連記事

【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

【広告】

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る