プラス思考のアプローチ

プラス思考のアプローチ

30~50yの中間距離のアプローチ、距離感を合わせるって難しいですよね。
どの様に距離感を調整していますか。
アプローチの距離が10yであっても緩んだアプローチでは中々カップに寄りません。

402003_1280

アプローチはしっかり打つ

  • 緩んだアプローチ
    緩んだアプローチってどんなんでしょう。
    距離を調整しようと当てて終わってしまうアプローチ。
    芝のライにも影響受けやすい為に、毎回違った転がりになってしまう。
  • 加減したアプローチ
    良い加減と言っても、振り幅や力感は足したり引いたりは難しい物です。
  • アプローチは加速しないといけない
    たとえ10yであっても、10yまでしっかり打つ抜く感覚を身に付けましょう。
    力加減を調整して、弱く打つ打ち方は捨てましょう。
  • 距離をマイナスで考えない。
    SWのフルショットが80yだから、半分の振り幅で40y打とうと考えると、スイングは減速してしまいます。
    振り幅で考えたり、強さで考えるのは難しいです。
  • 距離感を足していく
    50yの力感や振り幅をいきなり出せと言われても、出来ません。
    毎日ゴルフをしている訳ではないので、アマチュアゴルファーには難しいです。
    しかし、10y~20yの距離感なら想像できそうですね。
    イメージの出来る距離の素振りから初めて増やしていくのです。
    素振りで20yの素振りをしたら、次に30yの素振りをイメージして、少し振り幅や力感をプラスしていくのです。
    イメージが出たら次に40yにします。
    30yのイメージからさらにスイングは加速します。
    頭の中で力感をイメージをして、目標までの距離をしっかりと打って行くことが必要です。
    イメージの中で目標の距離が打てたら、忘れないうちに打ちましょう。
  • しっかり打つことで、コントロールできる
    しっかり打ってインパクトをすることで、芝やライに負けないアプローチが出来るようになります。
    スピンを掛けたり、ドロー回転の足を使ったアプローチが出来るようになるのです。
    まずはしっかり10yの距離からしっかり打って、ボールをフェイスに乗せる感覚から練習しましょう。

LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る