スプリットハンドで上手くなろう

DSC_0590

スプリットハンドで上手くなろう

皆さんスプリットハンドって知っていますか。
実際打ってみたことありますか。

スプリットハンドとは

  • グリップを左右を離して、グリップの左と右手のグリップの間隔を離して持ちます。
    グリップ間の隙間を無くすとベイスボールグリップになります。
  • 右手が使いやすいので、右手の使う傾向の強い人は、悪い傾向が強くでます。
    右手を使わずに、手首の角度を一定にして、胸の回転だけでハーフショットを打つ練習をします。
  • 体の回転を使わないと上手く打てないので、いかに今まで体の回転が無かったのか良くわかります。
  • 手を体の正面にキープして、胸をしっかり回してバックスイング。
    インパクトからフォローに掛けて胸を左に回していきます。
    かなりきつく感じますが、今までは手で打っていて、体が回転していなかった証拠です。
    最初は20y、30y、40yと少しずつ練習していきましょう。
    ハーフショットで100yを目安にします。
  • 上手く打ててくると、分厚いインパクトになるのでフェードやドローのボールを体で押す感覚がつかめてきます。
  • 上手く打てる様になってきたら、少しずつ左右のグリップ間の間隔を詰めて握って行きましょう。
  • アイアンが苦手な方は特におすすめです。ボディーターンで分厚いインパクトが習得できます。

LINEで友だち追加してね!


関連記事

【広告】


記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

【広告】

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る