今日はクラブの体重測定です。

dsc_1155

クラブの新入生が入ってきたので、クラブの体重測定をします。

クラブ重量のバラツキをチェックします。
測定といっても、数100gを測るので、家庭にある料理用の秤で十分です。
クラブ間の重量のバラツキが解ればいいのです。
チョット、カタログ値とは誤差が出ますが、誤差の範囲です。
カタログ値でも、ロフトやライ角、重量は誤差があるのです。

測定結果

スマホで見ている人は、表がくずれる場合は、横向きで表示してみてください。

クラブ 重量(g) 重量差
1W 316
3W 340 24
5W 355 15
UT(20) 385 30
UT(23) 390 5
5I 370 -20
6I 375 5
7I 385 10
8I 395 10
9I 400 5
PW 410 10
AW(50) 437 27
SW(56) 445 8
  1. アイアンのシャフトをダイナミックゴールドからカーボンシャフトに変更したことによって、各クラブ間の重量配分が大幅に狂ってきました。
    アイアン1本当たり50gも軽量化されている訳ですから、アイアンの前後につながるクラブも見直しが必要です。
  2. アイアンと一緒にウエッジも見直しました。
    ダイナミックゴールドからN.S.PRO950GHに変更したので、55gあった差が27gに減りました。
  3. クラブの重量は、短いクラブになる程、重くなっていきます。
    測定してみると、5wとUT(20)との差が30gもあり、急に重くなっていることが解ります。
    また、UT(23)と5Iとの差が-20gと重くなるべき重量がマイナスになっているのです。
  4. ここで解ることは、次に入れ替えないといけないクラブは、ユーティリィUTの2本だということが解ります。
    確かに現在使用のクラブは、Titleist 913H・d(カスタム仕様)で、モトーレの90gXシャフトが入っている物です。
    すごくお気に入りの頼りになるクラブなので、入れ替えるのが惜しいのですが・・。
    クラブの選定にあたっては、5番アイアンよりも軽いクラブを見つけるということになります。
  5. ユーティリティUTを交換した後で、まだ重たい3Wと5Wの検討に入ります。

自分では今度の入れ替えはフェアーウエーウッドの3Wと5Wと思っていたのですが。
クラブの健康診断の結果は、ユーティリティUTに問題があることがわかりました。
みなさんも、簡単に出来るので是非やってみてください。
LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る