弾道をイメージして、ティーグラウンドに立ちましょう

弾道をイメージして、ティーグラウンドに立ちましょう!。

近藤共弘プロとタケ小山プロが解説で教える。
解りやすいビデオを見つけたので参考にしてください。

ティショットで危険ゾーンを避ける

打ちたくないエリアを出来るだけ視界から消して、意識ないでアドレスをする方法などを解説しています。

 

フェードとドローを打つためのティアップの位置

この動画は、インテンショナルなドローやフェードを打てる上級者を対象にしている訳ではありません。
特にゴルフを始めたばかりの初心者の方は、必見です。
スライスしか出なくて、悩んでいる人。
引っ掛けやチーピンが出やすく、悩んでいる人。
それぞれの自分の持ち球で、どんな弾道のイメージでフェアーウエーを狙って行くか、イメージしてからティーグラウンドにティーアップしてください。
ティーグラウンドは意外と広いです。
立つ位置によって、景色が全然変わります。
LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る