左足上がりの傾斜を攻略する方法

左足上がり傾斜でのショット

左足上がりの傾斜を攻略する方法

左足上がりの傾斜は、打ち上げの場面が多く、距離の読み方が難しくなります。
また、左足に重心が乗り切れない為に、右足に重心が残ってしまいます。
どうしても小さいスイングになったり、クラブフェイスが開いて当たる為に、飛距離が落ちます。

左足上がりの傾斜は、基本的には、傾斜なりに重心を傾けて立ちます。
そうするとクラブのフォーローの抜けは良くなるのですが、傾斜なりに傾けてスタンスしている分、クラブフェイスは上を向きます。
いつものフェイス角よりも上方向に、打ち出していくので、飛距離は落ちます。
また、打ち上げになっていると、打ち上げの分、1~2番手大き目のクラブを選択する必要があります。
スイングが小さくなるので、打ち上げ分+傾斜分+小さいスイング分=で何番手大き目のクラブ選択をするのかは、経験しながら把握するしかありません。

平らなゴルフコースと傾斜の多い丘陵地のゴルフコースでは、難易度が全然違ってきます。
平らなコースばかりでラウンドしていると、傾斜地のスキルが蓄積されません。
丘陵地のゴルフコースで腕を磨くというのも有りでしょう。

近藤プロが、普段どんなことに注意して、左足上がりの傾斜を攻略しているのか、教えてもらいましょう。
LINEで友だち追加してね!

関連記事





記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る