足の甲が痛くない。FJ-DNA Boaシューズ

来年はこのシューズで頑張ります。

dsc_2053

足の甲が痛くない。FJ-DNA Boaシューズ

ゴルフでもっとも重要なアイテムは、ゴルフシューズです。
足が痛くて豆が出来たり、指が遊び過ぎたり、ゴルフのシューズ選びは難しいです。
ぴったりフィットした靴に出会うと予備の靴も用意したくなるものです。

靴のかかとに着いたダイアルで締めあげるBoaクロージャーシステム。
フットジョイがBoaクロージャーシステムを採用してからのFJの愛用者です。
私の足は、幅広甲高の典型的な日本人型で、靴のサイズは26(WWW)3Eと言って特に幅広サイズです。

今まで長年愛用してきたFJ-XPS-1もかなり傷みが出てきたので、買い替えようとショップに行ってきました。
愛用してきたFJ-XPS-1の今年のモデルを履いてみると、どうもしっくりこない。
靴のサイズは良いのですが、横方向の幅がちょっとキツイ感じです。
ダイアルを締めてみると、やっぱり甲の部分がキツイて、締まりにくそうです。
同じモデルでも、新型が発売されると、微妙にサイズや材質が変わって来て、必ず足に合うとは限りません。
今年のFJ-XPS-1は、諦めました。
FJ-XPS-1は、足のホールド感とスパイクの接地性を売りにしているモデルです。
軽量・柔軟性を上げ、履き心地を追及したFJ-DNAを試すことにします。

FJ-DNAを履いてみて、履き心地の違いにビックリです。
FJ-XPS-1が硬いイメージに対して、DNAは柔らかいソフトなイメージです。
靴を曲げた時の感じも柔らかいです。
なんといっても、足の甲に当たる靴のベロのような部分。英語でタン(舌)というそうです。
FJ-XPS-1と材質が違って、柔らかいスボンジ状の材質で出来ていて、締めて行っても痛くない。

甲に当たる部分のタンが柔らかい素材で出来ています。
dsc_2043
残念なのは、お店には大きさのサイズは揃えてあっても、売れ筋のWサイズしか置いていないことです。
フットジョイは、モデルや色の種類によって3E(XW)が用意されています。
私のように幅広甲高で、ダイアル式は締まり過ぎて足が痛くなる方にはお勧めです。
試し履きしたDNAはWサイズでしたので、マアマアの感じでしたが、値段交渉をしたらあまり値引いてもらえませんでした。

早速帰って、ネットで確認したら、在庫も出てきました。
欲しかったFJ-DNAのXWが、お店の価格より¥5,000程安く購入できました。
みんなAmazonになっちゃいますね。

注文して翌日届きました。
dsc_2037

dsc_2038

XTRA-WIDEの日本で言う3Wサイズです。
dsc_2040

dsc_2046

履くとこんな感じです。
XWのサイズでも、甲の部分はキツそうですね。
dsc_2052

dsc_2051

早速ユーザー登録はしておきましょう。
さすがフットジョイと言えるような出来事がありました。
FJ-XPS-1を購入して、11か月目位で、靴底が割れてしまったのです。
購入したお店に持って行ったら、フットジョイに送り返して新品をくれました。
お蔭でずっとフットジョイを使用しています。

今までの靴は、雨の日用から練習用に使用していきます。
早くコースデビューが楽しみです。

AmazonでFJをチェック
楽天でFJをチェック
GDOでチェック
関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩




友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

ページ上部へ戻る