NEWウエッジ VOKEY-SM6の徹底評価

dsc_1189

NEWウエッジ VOKEY-SM6の徹底評価

アイアンセットの交換に伴い、ウエッジを交換しました。

今まで使用していたウエッジがこちら。

dsc_1185

ボーケイ・ウェッジ ツアー バン・デザイン(TVD)ダイナミック・ゴールド(S200)。56°
日本仕様に特別にソールを仕上げたモデル。ソール形状はMソール。

Vokey Design SM4 ダイナミック・ゴールド(S200)。50°-08

今回の新しいウエッジがこちら。

dsc_1187

Vokey Design SM6 スティールグレーPVD N.S.PRO950GH 50°-12F、56°-08M

50°のウエッジはソール形状がFしかなく、バンス角も12°しかありません。
56°はバンス角8°のMソールを選定しました。
今回はスティールグレーのメッキが入ったモデルにしました。
こげ茶色のカッコイイモデルです。
ソール形状は同じMソールということで、殆ど違和感なしで使えます。

何がどう違うの。

  1. クラブのシャフトを変更しました。
    ダイナミック・ゴールド(DG)からN.S.PRO950GHに変わることによって、クラブの重量が軽くなります。
    SW56°で比較すると。DG(475g)、N.S(445g)と30gも軽くなります。
    AW50°で比較するとDG(465g)、NS(437g)です。28g軽くなりました。
  2. クラブ重量が軽くなるとどうなるの。
    アプローチに使用するウエッジは、適度に重い方が、手がいたずらしなくて良いとか言われます。
    カーボンシャフトのウエッジならともかく、スチールのウエッジならアプローチは問題ないでしょう。
    違いが出るのは、フルショットの距離です。
    DGとNSで30gもクラブ重量が変わると、フルショットで10y軽度の飛距離の差が出るでしょう。
    私の飛距離でAW50°が今までのDGで90~100yでしたが、NSだと100~110が楽に打てます。
    SW56°でDGで70~80yでしたが、NSでは80~90yが楽に打てます。
    それぞれ楽に打てるので、本当にフルショットするともっと飛びそうです。
  3. ピッチングウエッジとの飛距離の差が埋まる。
    新しいPWがカーボンシャフトになって、飛距離間伸びました。
    110~120yをどの様に埋めようかと考えていたのですが、これで埋まりました。
    ストロングロフトのアイアンを使用している方やカーボンシャフトのアイアンの方は参考にしてみてください。
  4. クラブの重量のバラツキ
    ピッチングウエッジがカーボンシャフトになって、重量の差が開き過ぎていたのです。
    前のDGの場合。PW(460g)、AW50°(465g)で重量さはやく5gでした。
    PWをカーボンに変えるとPW(410g)、AW50°(465g)で重量さは55gも付いてしまいます。
    ウエッジをNSに変えるとPW(410g)、AW50°(437g)で重量さは27gに減少します。
  5. ボーケイ・ウェッジ ツアー バン・デザイン(TVD)の流れを継いでいるのが、COLD FORGEDシリーズでしょう。
    ややグースネックになっているので、構えた時にSM6の方がシャープに見えます。
    エッジの部分が浮かずに見えたのは、そのせいだったのかもしれません。
    見た目は殆ど同じですが、構えるとSM6の方が出っ歯です。
    dsc_1178dsc_1184
  6. スティールグレーメッキの差
    フェイスを開くと、太陽光が差すとフェイス面の光り方に差が出ました。
    まぶしさが全然違います。
    dsc_1180

昔からダイナミックゴールドを使ってきて、まだNSにするのに抵抗を感じていた私でした。
コーチの勧めもあって、思い切ってカーボンに変更したことで、又ゴルフが変わりそうです。
重量のバランスを考えると、UTやフェアーウエイウッドも買い替えないといけません。
一度には無理なので、検討しながら順番に行きたいと思います。

Amazonでチェック

楽天でチェック
LINEで友だち追加してね!


関連記事



記事を気に入っていただけたかたは、「いいね!」をお願いします。⇩⇩





友達にこの記事を「シェア」しましょう。
下のボタンからお願いします。

関連記事

LINEで友達に追加しよう!



QRコードはこちらから!
【スポンサー】
【スポンサー】
ページ上部へ戻る